「楽天5−6阪神」(13日、楽天生命パーク宮城)

 交流戦最後の試合、阪神は6得点をすべて、2死無走者から挙げるという粘り強い試合運びで6連勝を飾った。デイリースポーツ評論家・岡義朗氏は非常にハイレベルな盗塁が勝因だったと分析。豊富な得点パターンが、今の強さに結びついている。

 ◇    ◇

 決勝点となった九回の攻撃は見事だったね。2死から梅野が粘って四球を選ぶ。それまでも2死からの走者が盗塁して、得点に絡んでいたからもちろん、楽天も警戒はしていた。

 だから打者・近本からファウルで1ストライクを取った2球目、松井はけん制で梅野の動きを封じようとした。

 そして、ここからですよ。ベンチは何もかも計算し尽くして、梅野にディレードスチールのサインを出したんだと思う。

 松井の足が上がっても、梅野はスタートを切らない。楽天の内野陣は、警戒していた分、ホッとしたと思う。その瞬間の、スタートだ。油断していた二遊間は虚を突かれるし、捕手は左打席にいる近本の影となっていたためさらに一瞬、気付くのが遅れた。

 慌てての二塁送球は失策を呼ぶ。相手の警戒まで逆手に取った、最高のタイミングでのディレードスチールで勝負あり、となった。

 それまでに中野、近本も若いカウントから盗塁を成功させ、ことごとく得点に結びついていたことも、大きな布石となっていた。

 この試合を通じて楽天バッテリーに阪神の足を意識させ続けていたことが最後に結実した決勝点。非常にハイレベルな試合運びができるチームになった。