「阪神2−2ヤクルト」(30日、甲子園球場)

 阪神のドラフト1位・佐藤輝は三振してOKなバッターだ。今はストライクからボールになる球種を投げてさえいれば抑えられる、という攻められ方をしている。この日も3三振した訳だが、一方で彼を見に来るお客さんが大勢いる。長嶋さんのようなスター性もあり、スタメンに置いておかなければいけないだろう。

 ただ5番・佐藤輝を含め、4番・サンズと6番・大山の3人でわずか1安打。ひとつの考えとして、本来のスイングではない大山を休養させ、他の選手の打順やポジションを変えてみる手もある。

 例えばマルテが「3番・三塁」。佐藤輝は右翼のままで、サンズを一塁に回して4番か5番。外国人選手の登録枠もあるが、この日のウエスタン・広島戦で4安打したロハスを「6番・左翼」で起用するアイデアもあるだろう。

 疲労から調子を落としている中野も休養が必要。新人は一番、疲れが出る時期だ。疲労度を考慮して起用を考えることも大事だ。