「広島4−3阪神」(4日、マツダスタジアム)

 改めて継投の難しさが浮き彫りになった。阪神は1点リードで迎えた四回の攻撃で先発・秋山に代打が送られた。秋山の制球が甘く本来の状態ではなかったことに加え、広島打線のタイミングも合っていたことからだろう。

 ただ、ベンチのこの判断は、2日・広島戦で2回無失点の好投だった石井大をロングリリーフで起用する計算に基づいたものだったのではないか。斎藤で四回、五回から石井大でしのぐ継投。5日は試合がない。リリーフ総動員も視野に入れながら岩崎&スアレスへつなぐイメージだったと思われる。

 思い切った判断だとも言えるが、石井大が別人と言っていいほど内容が悪かったのが誤算だった。制球も甘くピンチを招いた所で、岩貞を登板させ軌道修正を図った。だが計算通りにいかなかった。

 継投には勇気がいる。リードした状況で動けば、試合の流れを相手に渡しかねない。この日の石井大は矢野監督にも想定外だったのではないだろうか。