「中日6−0阪神」(20日、バンテリンドーム)

 阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏が中日−阪神戦でデイリースポーツの解説を務めた。勝負を分けたポイントに挙げたのは二回の5失点。西勇自身の状態が上がってこない現状を、一連の攻撃から分析し、ひもといた。

  ◇  ◇  

 二回の5失点できょうのゲームは決まった。先発の西勇は、後半戦初登板となった前回の広島戦と同じくボールにキレを感じられなかった。おそらく本人もボールが行っていないという自覚はあるのだろう。それを示していたのが1点を先制され、なおも無死一、二塁で8番・溝脇を迎えたところからだ。

 次打者は投手の柳。バントで送ってくるのか、強攻策で来るのか、簡単に判断できない状況だ。さらに先発が柳であることを考えれば、これ以上の失点は避けたい場面だった。

 1球ボールを挟むなりして、相手の出方をうかがってもいいところ。だがストライクゾーンに投じた初球をセーフティー気味に三塁前へ転がされ、走者は進塁した。続く柳の打席もスクイズなど相手がどういう策を講じてくるかを考える場面で初球を打たれ、三ゴロ野選で2点目を失った。さらに一、三塁から失敗に終わったものの、京田には初球セーフティースクイズを仕掛けられた。

 これだけ簡単に攻撃させてしまうと、試合の流れは相手に傾く。京田にはその後、タイムリーを浴び、大島に2点二塁打を許して5失点。本人もボールが良くないと思っているからこそ、周りを見る、状況を考える余裕がなかったように映る。とにかく打者を抑えるだけでいっぱい、いっぱいになっている感は否めない。

 最終的にベンチがどう考えるかだが、自身5連敗という結果を踏まえても、今のままでは勝つことは厳しいように思う。一方で西勇クラスになれば、自分で立ち直るしかない。この日の試合を見ていても、ベンチも内野も誰も声をかけに行かない。そういう立場の投手だということだ。

 周りがどうこうではなく、とにかく自分で状態を上げていかなければならない。先発ローテ順を考えれば、9月3日に2位・巨人との直接対決初戦で登板機会が巡ってくる。すべてはボールのキレを取り戻せるかがポイントになるだろう。