株価は底値から38%上昇
喪失・回復時価総額を比較

 新型コロナウイルスの影響で、大幅に下落していた株価が急ピッチで戻している。日経平均株価は終値ベースで、1月17日に年初来高値となる2万4041円を付けた。それがコロナの感染拡大を受けて、3月19日に底値となる1万6552円まで下げた。下落率は2カ月で、3割を超えた。

 その後、日米欧を中心に、過去にない規模の財政出動と金融政策が打ち出されたことから一転、楽観ムードが市場に広がった。6月5日には2万2863円まで回復し、底値からの上昇率は38.1%となった。

 ちなみに底値からの上昇幅(6311円)を、1月のピーク時から底値までの下落幅(7489円)で割った回復率は84.3%である。底値で拾えた投資家は大きな利益を得ることができた。まれに見る大相場で、年初来高値の更新すら視野に入ってきた。

 今回は「コロナ底値からの時価総額回復ランキング」と題して、全上場企業を対象に、コロナ底値の3月19日から6月5日までの時価総額の増加額でランキングした。

 コロナショックで幾ら時価総額を失い、そのうちどの程度回復したかが分かるように、1月17日から3月19日までの時価総額喪失額も併せて掲載してある。

コロナ前より高いソフトバンクG
トヨタは回復に出遅れ感

 1位はソフトバンクグループ(SBG)で、コロナ底値からの時価総額の増加額は5兆2935億円。上昇率は94.3%である。コロナ底値(3月19日)までの喪失額は4兆5851億円だったので、コロナの影響で下がった分は全て取り返し、株価はコロナ前よりも上昇している格好だ。

 SBGは、昨年から大口投資先の米シェアオフィス、ウィーワークが経営不振に陥ったことで、これまでの積極投資や今後の財務悪化が不安視されるようになっていた。現在は通信子会社ソフトバンク株の一部売却などで、手元資金の確保が進みつつある。

 ランキングのベスト10の中で、SBGと同様に、日経平均のピーク時よりも時価総額を増やした企業が他に3社あった。2位のキーエンス(3兆3392億円増)、4位の中外製薬(2兆4598億円増)、7位の第一三共(2兆0526億円増)である。

 中でも目を引くのは中外製薬だ。1月17日からコロナ底値までの時価総額喪失額が、マイナスではなく7808億円増となっている。実は今回のランキングの上位500社のうち、同期間に時価総額喪失額がプラスになった企業は、わずか15社だった。

 中外製薬の2020年1〜3月期の純利益は、前年同期比47%増の515億円。自社開発の血友病治療薬が伸びた。さらに、新型コロナの治療薬として同社の関節リウマチ治療薬「アクテムラ」が有望視されていることが大きい。国内で臨床試験に入ったことも時価総額を押し上げる一因となった。

 ベスト10の中で、底値から回復して時価総額は大きく増えたが、コロナショックによる下げを100%取り戻していない企業は6社。3位のファーストリテイリング(2兆6561億円の喪失に対し、2兆5192億円の回復)、5位のリクルートホールディングス(2兆9171億円喪失、2兆2071億円回復)、6位のトヨタ自動車(4兆2419億円喪失、2兆1927億円回復)、8位の武田薬品工業(2兆3824億円喪失、1兆7695億円回復)、9位のソニー(2兆5365億円喪失、1兆6325億円回復)、10位のファナック(1兆7690億円喪失、1兆5534億円回復)がそうだ。

 この6社の中で、最も回復率が高かったのは94.8%のファーストリテイリング。1兆円を超す現預金を持つ財務面での強靭さや、夏場でも蒸れにくい布製マスクの生産販売に乗り出すことなどが市場で評価されている。

(ダイヤモンド編集部編集委員 清水理裕)