コロナ禍の前に行われた20年卒の就活。果たして主要大学の学生はどのような就職先を選んだのだろうか。国立・私立主要27大学別の2020年就職先ランキングを作成した。第4弾は主要国公立大学の就職先をお届けする。

 東大・京大を除く旧帝国大学に、筑波大学と神戸大学を加えた主要国立大学の学生は、どんな企業・団体に就職しているのだろうか。

 19年は、北海道大学ではニトリが1位、東北大学は日立製作所、名古屋大学はデンソー、大阪大学と神戸大学がパナソニック、九州大学は九州電力が就職先の1位だった(前年は筑波大学のランキングは未作成のためデータなし)。一見して大学の所在地ごとの特色があることが分かるだろう。

 果たして20年の主要国立大学の就職先はどうなったのか?

TOP5の就職先企業・団体が
全て地元となった九州大学

 まず、北大で1位となったのは北海道大学。2位には北海道大学病院が入った。3位が札幌市役所、4位は北海道庁と、1〜4位まで地元の大学や自治体が占めた。6位には前年1位のニトリも入っており、地元志向の強さがうかがえる。

*20年は大学側に聞いた就職企業別の人数を基に算出しているが、19年は企業側に聞いた大学別の採用人数を基に算出したため、19年のデータには就職先として大学や大学附属病院、自治体などが含まれていなかった。

 東北大の1位は東北大学病院、2位が東北大学、3位が東北電力と、こちらも地元に就職する学生が多い。同率4位に日本製鉄、同率11位にJFEスチールが入っており、鉄鋼メーカーが多いのも特徴的だ。

 筑波大も1位筑波大学附属病院、2位筑波大学と、大学関連団体に進む学生が多い。つくばに研究拠点を置く産業技術総合研究所が同率6位に入っている。

 名大は前年に続き今年もデンソーが1位、トヨタ自動車が2位となった。そのほか、アイシン精機(同率4位)、豊田自動織機(同率8位)、トヨタ車体(同率14位)と、地元であるトヨタグループへの就職者がやはり多い。

 大阪大は20年もパナソニックが1位となった。2位以下は、三井住友銀行、三菱電機、ダイキン工業、富士通、関西電力と、前年から順位の変動はあれど、顔触れは変わっていない。

 神戸大は主要国立大学で唯一、メガバンクが1位に輝いた。三井住友銀行が前年の3位からジャンプアップして1位を獲得。前年1位のパナソニックは5位に後退した。

 九大は九州大学病院が断トツ。九州大学が2位に続く。前年1位の九州電力が3位、前年8位の福岡銀行が5位、福岡県が4位にランクインしており、TOP5全てが地元の企業・団体で占められた。

 主要国立大の就職先は、前年に続いて今年も「地元志向」が非常に強い結果となった。

*ランキング表の見方
データは、各大学発表による企業別就職者数。企業名は大学通信の調査方法にのっとって表記しているため、正式名称と異なる場合がある。調査/大学通信