多くの就活生が最も気になることの一つが、選考を受ける企業がブラック企業ではないかどうかだろう。いくら働きがいがあったとしても、残業が多く、休みが取れない企業では、疲弊してしまいかねない。そこで、現在では就活生の2人に1人が利用しているという社員クチコミサイト「OpenWork(オープンワーク)」の協力を得て作成した「ホワイト企業ランキング」を紹介する。(ダイヤモンド・セレクト「息子・娘を入れたい会社2021」編集部)

*本稿は、現在発売中の紙媒体(雑誌)『息子・娘を入れたい会社2020』の「社員のクチコミで評価!働いて満足度の高い企業ランキング」を転載したものです。

 雑誌『息子・娘を入れたい会社2020』では、日本最大級の社員クチコミサイトOpenWorkを展開するオープンワークに協力を依頼。新型コロナウイルスの感染が拡大する中で評価を上げた企業、総合評価の高い企業、ホワイト度の高い企業や官公庁など、独自の視点でランキングを作成した。

 今回はその中から、2015年9月から20年8月までに寄せられた社員クチコミから残業時間が少なく、有給休暇の取得率の高い企業を集計して作成した「ホワイト企業ランキング」を紹介していこう。

(※)ホワイト企業ランキング
集計期間は2015年9月1日〜20年8月31日(現職社員回答日および退職社員退社年)。集計期間の回答者が30名以上かつ期間平均総合評価点が3.00点以上、月間平均残業時間が40時間以下および有給休暇消化率が50%以上の企業を対象とし、残業時間の少ない順番でランキングを作成。ランキングの名称は編集部の定義によるもの。

残業時間が少なく休みやすい
ホワイト企業ランキング

「ホワイト企業ランキング」1位に選ばれたエミレーツ航空は、月間平均残業時間がなんと0.88時間、有給休暇消化率も97.9%と圧倒的だった。

 現在は、新型コロナの影響で、業務もままならないこともあるだろうが、社員の待遇への満足度はとても高いようだ。

 2位の北國銀行の社員クチコミでは、こんな声が寄せられている。

【企業2位 北國銀行】

「残業は月に10時間以内。5分単位で付けており、サービス残業も皆無。プライベートは尊重され、自身が成長するための時間も確保できる」(営業、男性)

企業を調べる前に
まずは自分をよく知ろう

 現在、OpenWorkは就活生の2人に1人が活用するなど、社員クチコミサイトは就活に欠かせないツールになりつつある。

 しかしこうした情報収集の前にまず行うべきは、就活生が自分をよく知ることだ。どんな性格で、何の仕事に向いているのか。そして、将来何がしたいのかが分からなければ、就活の方向性も定まらない。最初に、自己分析などをして志望業界や企業の方向性が決まってから、社員クチコミも参考に企業の実態を調べるようにしよう。