今回は、上場企業の有価証券報告書に記載された平均年収のデータを使って、「年収が低い会社ランキング2022【愛知除く中部地方】」を作成した。対象は愛知県を除く中部地方(新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡の8県)に本社を置く上場企業で、単体従業員数20人未満の企業は除外している。対象期間は、2021年4月期〜22年3月期。

 早速、ランキングを見ていこう。

2位は今夏に株式上場した
介護施設運営のサンウェルズ

 1位となったのは、北日本紡績で、平均年収は322.5万円。石川県白山市に本社を置く合繊や紡績糸を製造・販売する企業で、主要取引先に帝人などがある。

 同社は1948年、国の「第一次スフ紡績50万錘復元計画」に応じた北陸地方の有志によって、地元産業の発展のために設立された。北陸における合繊産業は戦後、対米輸出向け大量・廉価生産で一大成長を遂げた。

 しかし、1980年代以降は韓国や台湾、2000年代以降は中国が同分野で台頭したことで、北陸の合繊産業は現在、低迷している。

 北日本紡績の経営もそうした環境に連動し、18年末には東京証券取引所の上場廃止基準に抵触するなど、これまで幾度も経営危機にひんしている。22年3月期の業績は、売上高8億3000万円、営業損益は1億4000万円の赤字、最終損益は1億2800万円の赤字だった。

 2位は石川県金沢市に本社を置くサンウェルズで、平均年収は325.6万円。2006年創業で、介護施設・有料老人ホームを展開している。22年3月期の業績は、売上高84億1989万円、経常利益3億4891万円、当期純利益2億5571万円。

 パーキンソン病専門ホームなど特徴ある施設の全国展開を成長戦略に掲げて、22年6月に東京証券取引所グロース市場に上場したばかりの会社だ。新規株式公開(IPO)時の初値は2300円で、現在の株価は7920円(11月17日時点)と大幅に上昇している。

 従業員数1081人のうち多くは施設の介護職であり、介護職は一般的に、労働集約型で給与が低い傾向にある。ホームページ上では社長メッセージとして、「介護職として数年、現場を経験したのちは、マネジメント職に転向。主任、施設長、次長、部長へと出世を目指すこともでき、入社数年で年収500万円以上を得ることも可能なのです」とうたっている。

 3位は新潟県糸魚川市に本社を置く清鋼材で、平均年収は336.0万円。1966年設立で鋼材加工を営む。新潟県の他にタイにも生産拠点を持つ。

 4位は石川県金沢市が本社の倉庫精練で、平均年収は339.4万円。1位の北日本紡績と同じく業種は繊維製品だ。

 5位は長野県長野市のタカチホで、平均年収は342.3万円。観光土産品の卸を中心に、「湯ったり苑」の名称で日帰り温泉を経営している。

 ランキング完全版では、6位以下の計100社を掲載している。16位と44位と56位にスーパーマーケットでおなじみの食品ブランド、85位に人気ホームセンター、98位には社長の突然の辞任劇で物議を醸した企業がランクインした。ぜひチェックしてみてほしい。

(ダイヤモンド編集部 柳澤里佳)