あおり運転摘発は
前年比2000件増加!

 被害者のドライブレコーダーには、白い高級外車が蛇行したり、割り込んだりする危険極まりない様子がはっきりと映っていた。

 大阪市の会社役員、宮崎文夫容疑者は、数キロメートルにわたり急な車線変更や減速を繰り返して車を停止させ、被害者にこう叫んだ。「ぶっ殺してやる。今すぐ出てこい!」。

 昨年8月、茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件の一幕である。高級外車に同乗していた交際相手が、殴打を止めようとせず、携帯電話で撮影していた映像も、テレビで繰り返し流された。

 あおり運転が社会問題となっている。警察庁が昨年10月に実施したアンケート調査によると、過去1年間にあおり運転被害を受けた経験があるドライバーは35%とかなり高い割合になった。

 警察は重大事故につながる危険行為として取り締まりを強化している。全国の警察が2018年に道路交通法違反(車間距離不保持)で摘発した件数は、1万3025件。前年比1.8倍に増えた。19年はさらに増加し、1万5065件に上っている。

 そこで今回は、19年の摘発件数を基に、あおり運転が多い都道府県ランキングを作成してみた。早速確認してみよう。

摘発件数2000件の兵庫!
静岡、愛知も1000件超

 全国で最もあおり運転の摘発件数が多かったのは、兵庫県で2045件だった。このうち危険性がより高い、高速道路上での摘発は2038件となっている。

 兵庫県は、高速道路と自動車専用道路の総距離が北海道に次いで、全国の都道府県で2番目に長い。兵庫県警による取り締まり強化と相まって、摘発件数が膨らんだものとみられる。

 2位は静岡県で1684件だった。うち高速道路上での摘発は1641件。同県には、新東名高速道路など高速での運転になりやすい道路が多数ある。

 冒頭の宮崎容疑者は、昨年7月に静岡市清水区の国道1号でも、幅寄せをしたり割り込んだり、急ブレーキをかけるなどして他の車の進行を妨害した疑いが持たれている。

 さらに同容疑者は同じ月に、愛知県岡崎市の新東名高速道路でもあおり運転をしている。その愛知県が、摘発件数1179件で3位となった(うち高速道路上での摘発は1172件)。

 トヨタ自動車のお膝元である愛知県は、自動車の保有台数が全国で最も多いこともあって、昔から交通事故が頻発している。例えば、交通事故死者数は18年まで16年連続でワーストだった。19年は17年ぶりにワーストの汚名を返上したが、それでも千葉県に次いで2番目に死者が多かった。

 4位は京都府で917件。5位は群馬県で867件。いずれも全てが高速道路上での摘発となっている。

 無謀なあおり運転は後を絶たない状況だ。ドライブレコーダーを巡っては、車の前後だけでなく、横からの幅寄せや車に近づく人物も写る360度撮影可能な高機能タイプを買い求める人が増えている。それでもあおられてしまった場合は、相手にせずに道を譲るなど、あらゆる自衛策を講じてほしい。

(ダイヤモンド編集部編集委員 清水理裕)