8月に入りようやく梅雨明け
編集部独自の水質格付け敢行

 今年の梅雨は長かった。8月に入り、九州から北陸・東北南部にかけての地域がようやく梅雨明けとなったが、平年より10日前後も遅かった。

 いよいよ海水浴シーズンが到来したわけだが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、例年とは異なる状況にある。「十分な感染予防策が取れない」「ライフセーバーを確保できない」といった理由で、海水浴場の開設中止が相次いでいるのだ。

 海上保安庁の調査(7月16日時点)によると、全国の海水浴場のうちオープンするのは6割にとどまるという。

 なお、環境省は毎年、全国の海水浴場(川、湖沼の水浴場を含む)の水質調査を取りまとめている。だが、今年は取りまとめが中止となった。1971年に旧環境庁(現環境省)が発足して以来、初めてのことである。

 環境省水・大気環境局水環境課は「コロナ禍のため、3都道府県で調査が実施できなかった。その他の都道府県も、開設中止となった海水浴場の調査結果については、公表したりしなかったりと取り扱いがバラバラ。このため取りまとめを断念した」と説明している。

 そこでダイヤモンド編集部は、環境省が2017〜19年に集計したデータを基に、全国783カ所の海水浴場に対して独自に水質の格付けを実施(作成方法の詳細は、ランキングの最後に付けた注を参照)。この格付けをベースに、水の汚れを示す化学的酸素要求量(COD、mg/リットル)が低い(=きれいな)順に海水浴場をランキングした。

 水質の格付けで、最高位の「AA」を得た450カ所を対象にしている(格付けは以下の5段階。適〈AA、A〉、可〈B、C〉、不適)。ランキングの中には一部、川、湖沼の水浴場も含まれている。長野県や滋賀県など海のない自治体に住む方もぜひチェックしてみてほしい。

静岡県沼津市がベスト10に
4カ所もランクイン

 CODが0.500mg/リットル未満で、全国で最も水質がきれいな海水浴場に選ばれたのは次の2カ所だ。静岡県沼津市の井田と沖縄県宮古島市の前浜ビーチである。

 井田は、砂浜がなくゴロゴロした石とコンクリートの斜面のエリアで泳ぐようになっている海水浴場だ。このほか、沼津市でベスト10に入ったのは、0.500mg/リットルで同着3位となった大瀬と平沢(らららサンビーチ)、0.600mg/リットルで6位となった御浜だ。

 大瀬は、周辺の海に約700種類の海中生物が生息し、ダイビングスポットとして有名である。平沢は、黒い砂浜が多い伊豆半島西海岸において、数少ない白い砂のビーチを売りにしている。御浜は、伊豆半島ジオパーク内の御浜岬の内海に位置する。緑豊かな林に囲まれた波の穏やかな海水浴場だ。

 今回のトップ10の顔触れを見ると、離島の海水浴場が目立った。だが、沼津市は市区町村単位で4カ所もランクインし、最も多かった。

 沼津市が面する駿河湾は水深が深いことや、同市に流れ込む富士山由来の河川の水質がきれいなこと、駿河湾は湾ではあるが外洋に対して開けており水がよどまないことなどが有利に働いたようである。

離島が上位に入りやすい理由
ベスト10に唯一入った湖は?

 井田と同着で1位となった前浜ビーチは、宮古島を代表する美しいビーチだ。全長7kmに及ぶ真っ白な砂浜は「東洋一」とも称されている。

 都道府県単位でベスト10に4カ所入ったのは、静岡県と東京都だった。東京都の海水浴場はいずれも離島で、5位に八丈町の底土(CODは0.533mg/リットル)、8位に小笠原村の大村海岸(0.633mg/リットル)、10位に神津島村の前浜と三宅村の大久保浜(それぞれ0.700mg/リットル)がランクインした。

 このうち、大村海岸の海開きは日本一早い1月1日。神事による海の安全祈願のほか、正月ならではのもちまき、ウミガメの放流、郷土芸能の披露が行われる。海に入った人には「初泳ぎ証明書」が発行される。

 今回のランキングでは、離島の海水浴場が上位に数多く入る結果となっている。海の汚れは陸上から流れてくる。人が住んでいる限り、ある程度の生活排水や工場排水が発生する。離島は海流で水が入れ替わるため、水質がきれいに保たれやすいのだ。

 一方、6位の田沢湖(秋田県仙北市、CODは0.600mg/リットル)は、ベスト10に、唯一湖沼としてランクインした。田沢湖は、ほぼ円形のカルデラ湖で、最大水深が423mにもなる、日本で最も深い湖だ。この深さが水質の良さにつながったようだ。

 9位は宮崎県日南市の栄松で、CODは0.667mg/リットル。正面に孤島を望み、遠浅で透明度が高いエメラルドグリーンの海が特長である。

「AA」は四つの水質基準
全てクリアしたきれいな海

 環境省が例年取りまとめる水質調査の格付けは、以下四つの基準で判定される。(1)COD、(2)ふん便性大腸菌群数(個/100ml)、(3)透明度(m)、(4)油膜の有無。今回、ダイヤモンド編集部による独自の水質格付けも、原則これに倣った。

 なお、今回の「水がきれいな海水浴場ランキング」の対象にした「AA」は、CODが2.000mg/リットル以下、大腸菌群数が2個/100ml未満、透明度が1m以上、油膜が認められないという、四つの基準を全てクリアしている。

 ランキング上位の海水浴場は、水質の良さではエリート中のエリートと考えていい。

 最後に、今年は全国で4割の海水浴場が開設中止となっている。砂浜への出入りは可能だが、遊泳区域を示すブイはなくライフセーバーもいないので、泳ぐのは非常に危険だ。この夏、海水浴には、必ず海水浴場が開設しているかどうかを確かめてから出掛けてほしい。

 また、開設している場合でも、新型コロナウイルスの感染防止の観点から“3密”を防ぐため、更衣室や売店などを設けないケースが多い。例年以上にしっかりとした準備が必要になるので、この点にもぜひ留意してほしい。

(ダイヤモンド編集部編集委員 清水理裕)