新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日々の働き方や暮らしに大きな影響が出た今年、いつもとは違ったストレスを感じていた人は多いのではないだろうか。

 そうしたストレスのレベルは、地域によっても傾向に差があるようだ。都道府県ごとのストレス度合いが低い人と高い人の含有率を基にした「ストレスオフ都道府県ランキング2020」からその特徴を見てみよう。今回は、先日配信した「『ストレスが少ない』都道府県ランキング2020・男性編!【47都道府県・完全版】」に続いて、女性編のランキングをお届けする。

 本調査は、一般社団法人ストレスオフ・アライアンスとCHILL OUT(合同会社エンディアン)が実施したもの。全国の男女10万人(男女各5万人、20〜69歳)を対象に、大規模インターネット調査『ココロの体力測定2020』を行い、今回はその中で、全国の女性約5万人のデータから「女性」のストレスオフ都道府県ランキングを作成した。

 それでは、実際に「ストレスオフ都道府県ランキング2020【女性版】」を見ていこう。

※集計期間は2020年7月21日〜27日。各都道府県500サンプル以上を確保し、その後人口比率(都道府県、年代、有職割合)でウエート修正を行った。
厚生労働省実施の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に独自加工して点数化し、77点以上を高ストレス群、39点以下を低ストレス群と定義。調査データを基にストレス分析を行い、各都道府県における高ストレス者(77点以上)と低ストレス者(39点以下)の含有率と全国平均を算出。全国平均を100としたときの各都道府県のそれぞれの含有率を指数化。低ストレス者の指数から高ストレス者の指数を引いてストレスオフ指数を算出し、数値が高いほどストレスオフ都道府県とした。

女性の「ストレスオフ都道府県ランキング」
1位は2年連続で鳥取県、2位は滋賀県

「ストレスオフ都道府県ランキング2020【女性版】」1位は、鳥取県となった。昨年に続いて、2年連続で1位となった。2位には滋賀県、3位には、男性版ランキングで2位の山口県が続いた。

 低ストレス者(39点以下)の割合から高ストレス者(77点以上)の割合を引いた「ストレスオフ指数」は、1位に輝いた鳥取県では56.2。男性版1位の青森県の指数(32.6)と比較しても約1.7倍と非常に高い。ストレスオフ指数が50を超えているのは、女性版1位の鳥取県と2位の滋賀県(52.2)の2県のみだった。

東京で男女分かれたストレス状態の変化
男性は軽減も、女性はストレス増?

 興味深いのは、東京都の変化だ。先日配信した「男性版ランキング」では、22位のランクアップを遂げ、6位(ストレスオフ指数20.8)となっていた東京都。一方で、女性版ランキングでは、昨年から25位下げて47都道府県中42位となっている。ストレスオフ指数も昨年は3.6だったのに対して今年は−25.9と、男女で大きく異なる変化が見られた。4月〜5月の外出自粛期間を中心に多くの企業で在宅勤務が導入され、男性のストレスオフ指数の変化からはストレスが軽減された可能性が読み取れたが、女性の指数においてはストレスが増加していた。

 では、全国平均で見るとどう変化していたのか。

 ストレスの少ない「低ストレス者(39点以下)」の割合は前年比で29%減少している。またストレスが多いことを示す「高ストレス者(77点以上)」の割合は、昨年と比べて1.7%増加した。今年の調査結果からは、「ストレスの度合いが低い人は大きく減り、高いストレスを感じている人は微増傾向にあった」といえる。

コロナ感染への不安と
ストレスレベルの関係とは?

 また、今年のストレスレベルの変化に大きく関係していると考えられる「新型コロナウイルス」の影響を見てみよう。自身の新型コロナウイルス感染への不安と、ストレスレベルの関係を見てみると、女性全体で約7割がコロナ感染に不安を感じている。これは男性全体よりも1割ほど高い数値である。またストレス別に見ていくと、高ストレス者の中で自身のコロナ感染への不安を感じている人は84.0%、低ストレス者においては37.3%と男性同様、相関関係が見てとれた。

 では、男性においてはストレス軽減に一定の効果があるのではないかと推測できた「在宅勤務」だが、女性においてはどうだったのだろうか。回答者のうち職に就いている人の中で、在宅勤務者と通常勤務者のストレスを比較すると、在宅勤務者においては、職場勤務者に比べて高ストレス者の含有率が16.2%少ないという結果が出ている一方で、低ストレス者の含有率も7.8%少なくなっている。男性の場合と異なり、在宅勤務がストレス軽減につながるとは言い難い結果となっている。

ストレスオフ県の
共通点とは?

 ストレスオフ・アライアンスが実施した同調査の他項目も合わせて参照すると、ストレスオフ都道府県ランキング2020女性編で上位にランクインした地域では、男性の場合と同様、「リラクゼーション方法をいくつか持っている」「ON、OFFの切り替えができる」「曜日感覚をなくしていない」といった特徴が見られた。

 加えて、人とのつながり方(リアルな人間関係)への満足度が高く、人とのコミュニケーションにおいてストレス解消ができていることが推察できた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が出始めてから、半年ほどが経過した。変化の多い状況に疲れてしまった人も少なくないだろう。自分なりのストレス解消法を持ち、心身ともに健康な生活を送れるようにしたい。

(本記事は一般社団法人ストレスオフ・アライアンスからの提供データを基に制作しています)