ひき逃げ事件の検挙数と発生件数
上位の都道府県はどこか

 東京都内で乗用車を運転中にオートバイと衝突事故を起こしたのに現場から立ち去ったとして、警視庁は10月29日、人気俳優の伊藤健太郎容疑者をひき逃げなどの疑いで逮捕した。果たして全国でのひき逃げ事件はどうなっているのか。

 今回は警察庁によるひき逃げ事件(無申告事件を含む)の検挙数、発生数と総務省の人口推計のデータを使い、都道府県ごとの1万人当たりの件数をランキングにした。

 ひき逃げ事件は検挙数、発生数ともに年々減少している。

 2010年には検挙数が9194件だったが、2019年は6964件と2割以上減少。さらに発生数は2万1452件から1万3404件と約4割も減っている。

 とはいえ、いまだに年間1万件を超える事件が起きており、死傷者の数は約1万5000人に上っている。また、都道府県によってひき逃げ事件の検挙数や発生数は大きく異なる。

 早速、ランキングを確認していこう。

検挙数では兵庫
発生数では群馬が最多

 ひき逃げ事件の検挙数で最多となったのは兵庫県。1万人当たりで1件。そのほか、上位10府県には大阪府、和歌山県、滋賀県など関西地区が目立った。

 一方、検挙数が最も少なかったのは鹿児島県で、1万人当たり0.12件。兵庫県との差は8倍以上となった。

 また、ひき逃げ事件の発生件数では群馬県が最多で1万人当たり2.35件。最少は岩手県の0.21件で、両者の差は11倍となった。

 検挙数、発生件数ともに上位となった群馬県は自動車の利用者が多いことが背景にあると思われる。

 一般財団法人自動車検査登録情報協会によると、群馬県の1世帯当たりの自動車普及率は全国4位の1.614台(令和2年3月末時点)。

 また、検挙数ランキングで8位の長野県も自動車普及率は全国6位の1.571台である。

 とはいえ、自動車普及率とひき逃げ事件数は、必ずしも比例するわけではない。

 検挙数、発生件数ともに上位の兵庫県と大阪府の1世帯当たりの自動車普及率は、それぞれ43位(0.93台)、46位(0.637台)と低い。

(ダイヤモンド編集部 松本裕樹)