あなたは今、住んでいる場所に愛着を持っているだろうか。地方などから都市圏へ移り住んだ人でも、長年住むことで徐々に愛着がわいてくるものだ。

 では、住んでいる人の地元への愛着が特に強いのは、どの都道府県なのか。それを47都道府県の住民へのアンケートによって明らかにしたのが、ブランド総合研究所の実施した「都道府県『愛着度』ランキング」だ。

 このランキングは、ブランド総合研究所が2020年6月に行った住民視点で地域の課題を明らかにする『都道府県SDGs調査2020』によるもの。それでは早速、47都道府県の住民へのアンケートで分かった「都道府県『愛着度』ランキング」を見ていこう。

※調査を行ったのはブランド総合研究所。アンケートはインターネットで実施。1万6000人から回答を得た(各都道府県から約350人)。調査期間は2020年6月12日〜29日。アンケートでは対象者に対し、現在居住している都道府県に「愛着がありますか」という問いを投げかけ、「とても愛着がある」「やや愛着がある」「どちらでもない」「あまり愛着がない」「全く愛着がない」の5段階から一つ選んでもらった。回答はそれぞれ100点、75点、50点、25点、0点として全回答の平均を「愛着度」とした。

※前回の調査結果は新たにウェイトバック集計を行ったため、前回発表の報告書内容と数値・順位が異なる。また、点数は同じでも、小数点第2位以下の差で順位が異なる場合がある。

1位は北海道、2位は沖縄県に
都道府県「愛着度」ランキング発表!

「都道府県『愛着度』ランキング2020」の1位は、北海道となった。「とても愛着がある」(58.2%)、「やや愛着がある」(29.2%)と答えた人の合計は87.4%と、9割近くの人が愛着を感じている。

 全都道府県の愛着度を見ていくと、「とても愛着がある」は37.9%、「やや愛着がある」36.0%だったことから、北海道の愛着度は他を圧倒していることが分かった。 

 2位は沖縄県で、54.2%が「とても愛着がある」、25.8%が「やや愛着がある」と回答している。3位は前回6位の福岡県、4位は前回36位の岩手県、5位は前回11位の長野県となった。

前回36位の岩手県が
4位に急浮上した背景とは?

 同調査の「都道府県『愛着度』ランキング」で毎年上位にランクインする北海道や沖縄県、福岡県は、納得の結果といえるが、意外性があったのが前回は36位で、今回4位となった岩手県だろう。

 これについて同調査を行ったブランド総合研究所の田中章雄社長は、以下のように理由を分析する。

「この調査を実施したのは昨年の6月で、新型コロナの感染拡大への懸念が残る頃だったが、当時はまだ岩手県で感染者は確認されておらず、全国的にも大きな注目を集めていた。同県の感染者ゼロという安心感や対策が、愛着度にも影響したのではないかと推測している」

 その一方で、順位が振るわなかったのが南関東の各県だ。もともと南関東は地方からの移住者も多く、愛着度が低い傾向にあったが、その中でも例年、比較的愛着度が高かった神奈川県は、前回25位から35位に順位を下げた。また千葉県は前回42位から44位に、埼玉県は前回46位から47位へとランクダウンした。

 現在、新型コロナ感染が各地で急増し、第4波に入ったと指摘されている。一見すると、新型コロナと愛着度に関連性はなさそうだが、「各自治体の対応や医療・福祉体制なども、愛着度に影響を与える指標」(田中社長)とのことから、今後の状況次第で2021年の愛着度の順位も大きく変動するかもしれない。

(ダイヤモンド・セレクト編集部 林恭子)