「ふん便性大腸菌」の数で
水質汚染度合いを見てみよう

 夏といえば、海水浴の季節。ダイヤモンド・オンラインでは、8月2日配信の「水がきれいな海水浴場ランキング2021」を皮切りに、日本全国の海水浴場(川、湖沼の水浴場を含む。以下、海水浴場と表記する)に関するさまざまなランキング記事をお届けする。今回は、水質判定基準として用いられている「ふん便性大腸菌群数」(個/100ml)、「透明度」(m)の二つの項目から、水の汚さに焦点を当てて見ていこう。

 例年、環境省は全国の海水浴場の水質調査を取りまとめてきたが、今年は昨年に引き続き、コロナ禍で水質調査結果の取り扱いが異なることなどを理由に中止となっている。

 そこで、ダイヤモンド編集部のデータ班は各都道府県にヒアリングしたデータ、または各都道府県が開示したデータを基にして、独自の水質ランキングを作成した。

 なお、現在は感染力が強い「デルタ株」が猛威を振るうなど新型コロナウイルスの感染が再拡大しており、8月2日時点で緊急事態宣言の対象地域が6都府県(東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、沖縄)に拡大された。また、まん延防止等重点措置も5道府県(北海道、石川、兵庫、京都、福岡)に適用されている。

 さらに、8月1日には全国知事会が緊急提言をまとめ、国民向けに「都道府県境をまたぐ旅行・帰省等の原則中止・延期」を呼び掛けている。

 海水浴場の利用については、こうした状況を踏まえてくれぐれも慎重に判断してほしい。

 まずは一つめのランキングの指標となる「ふん便性大腸菌群数」について、詳しく説明する。

 大腸菌は、ヒトや動物のふん便(=うんこ)由来のもの以外に、土壌や植物などから来るものもある。より的確にふん便汚染を把握することができるのが、ふん便性大腸菌群数の調査になる。

 環境省の水質格付けで、最高位の「AA」を獲得するには、複数回測定した平均値で100ml当たり2個未満のハードルをクリアしなければならない。同様に「A」は100個以下、「B」は400個以下、「C」は1000個以下、「不適」は1000個超となっている。

 なお、同省はAAとAを「適」、BとCを「可」と位置付けている。

 ダイヤモンド編集部による「ふん便性大腸菌」が多い海水浴場ランキングでは、水質格付けが「A」と「B」の海水浴場のうち、ふん便性大腸菌群数(個/100ml)の平均値が10個以上を対象とした。該当した海水浴場は41カ所。順位は大腸菌群数が多い順だが、個数が同じで水質の格付けが異なる場合は、格付けが低い海水浴場を上位とした。

 なお、ランキングには一部、川や湖沼の水浴場も含まれている。長野県など、海のない自治体に住む方もぜひチェックしてみてほしい。

1位は青森県の三沢ビードルビーチ
19年の水質格付けAAから急落

「ふん便性大腸菌」が多い海水浴場ランキング1位となったのは、青森県三沢市の三沢ビードルビーチ。青森県東部に位置する海水浴場で、近くの三沢漁港ではスルメイカやホッキ貝、サケなどが主に漁獲される。21年の調査では、ふん便性大腸菌群数は270.0個/100ml。水質格付け「B」となっている。

 一方で、19年の調査では水質格付けは最高位のAAを獲得しており、ふん便性大腸菌群数2個/100ml未満だった(20年は未開設のため調査なし)。今年は数値が激増してしまったことになる。

 青森県の担当者はこの要因について「分からない」としたものの、「一般的に、調査結果は気象条件にも左右される」とコメントしている。

 2位には同じく青森県三沢市の小川原湖(180.0個/100ml)がランクイン。1位の三沢ビードルビーチからは約10kmと近い距離にある。その名の通り、湖に位置する湖水浴場だ。海水と淡水が混じる汽水湖で、最大水深は25mほど。

 そのほかワースト10には愛媛県、愛知県、三重県から2カ所、和歌山県、佐賀県からそれぞれ1カ所がランクインした。

*7月27日現在、データを取得できた558カ所の海水浴場を一連のランキングの対象とした。東京都(21年は水質調査を実施せず)、奈良県、徳島県(21年は開設する海水浴場なし)、香川県(開設する海水浴場なし)、沖縄県は非開示。千葉県、神奈川県は7月27日までに回答が得られなかった。
「ふん便性大腸菌」が多い海水浴場ランキングの対象は、水質格付けが「A」と「B」の海水浴場のうち、ふん便性大腸菌群数(個/100ml)が10個以上。水質の判定基準は4つあり、水の汚れを示す化学的酸素要求量(COD)、ふん便性大腸菌群数、透明度、油膜の有無で、適(AA、A)、可(B、C)、不適の5種類で格付けられている。

透明度「1m未満」は17カ所
北海道、三重県がワースト10に

 続いて、今回のランキングで二つ目の基準となる「透明度」について見ていこう。透明度については、直径30cmの白い円盤を海中に沈めていき、見えなくなる距離を測定する。

「透明度」のランキングでは、水質格付けが「A」と「B」の海水浴場のうち透明度1m未満だった海水浴場17カ所を対象とし、透明度(m)が低い順に並べた。

* 7月27日現在、データを取得できた558カ所の海水浴場を一連のランキングの対象とした。東京都(21年は水質調査を実施せず)、奈良県、徳島県(21年は開設する海水浴場なし)、香川県(開設する海水浴場なし)、沖縄県は非開示。千葉県、神奈川県は7月27日までに回答が得られなかった。
「透明度」が低い海水浴場ランキングの対象は、水質格付けが「A」と「B」の海水浴場のうち、透明度1m未満。順位は透明度(m)が低い順。透明度(m)が同じ値の場合、水質格付けが悪い海水浴場を上位として扱った。

 1位となったのは北海道石狩市の石狩浜で、透明度は0.5m。札幌市からのアクセスもよく、道内でも人気の海水浴場だ。透明度ワースト5位には、同じく北海道石狩市の厚田ビーチセンター(0.8m)もランクインしている。

 2位は同率の0.7で、鼓ヶ浦と千代崎だった。どちらも伊勢湾に面する三重県鈴鹿市の海水浴場だ。二つの海水浴場は直線距離で約4.6kmと、非常に近い位置にある。

 今回の二つのランキングで紹介した海水浴場は全て、環境省の基準で水浴利用に問題ない水準を満たしている。一方で、「ふん便性大腸菌群数」や「透明度」といった水質を判定する項目に着目すると、細かな差が見えてくる。

 なお、海上保安庁の調査(7月15日時点)によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全国の海水浴場のうちオープンするのは6割にとどまる。さらに緊急事態宣言の発令および対象拡大を受け、海水浴場の閉鎖を発表する地域も出ている。

 7月29日には、1日当たりの国内新規感染者数が初めて1万人を超えた。感染拡大に歯止めがかからない中、開設している海水浴場を利用したいという場合でも、前述の通り、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象地域や、政府・自治体の要請を確認の上、慎重に判断していただきたい。

 いつも通りの夏が来るのはもう少し先になりそうだ。

(ダイヤモンド編集部 笠原里穂)