新型コロナウイルス感染拡大の影響で、人々の生活は大きく変化した。そうした中で「健康」への関心が高まっている。また、外出自粛を求められる状況が続き、活動が制限されることで「コロナ疲れ」を感じている人も少なくないという。

 では、自らの「健康状態」に満足している人は、どのくらいいるのだろうか。

 一般社団法人日本リカバリー協会は、全国の男女10万人(男女各5万人)を対象に、大規模インターネット調査『ココロの体力測定2020』を実施。その中で、「健康状態の満足度」に関する詳細な調査を行っている。

※集計期間は2020年7月21〜27日。調査機関はストレスオフラボ、合同会社エンディアン。サンプル数は男女各5万人で、各都道府県500サンプル以上を確保し、その後人口比率(都道府県、年代、有職割合)でウエート修正した。また今回は20年6〜7月の健康状態の満足度を0〜10点で回答してもらい、NPSと同様に、不満足(0〜6点)、どちらとも言えない(7〜8点)、満足(9〜10点)でクラスタ化して分析を行った。その上で、「満足(9〜10点)」と答えた人の割合を都道府県ごとに集計。ランキングを作成した。

「健康満足度が高い」都道府県ランキング
男性1位は長崎県、女性1位は鳥取県

「健康満足度が高い都道府県ランキング【男性版】」1位は長崎県で、健康状態に満足している人の割合は11.0%だった。2位には北海道、3位には宮崎県が続いた。

 また、「健康満足度が高い都道府県ランキング【女性版】」の1位は鳥取県で、同15.7%だった。2位には青森県がランクイン。3位は和歌山県だった。

 全国平均で見ると、健康状態の満足度が高い人の割合は男性が7.8%で、女性は8.1%。女性がわずかに上回ったが、男女で差はほとんどなかったといえる。

「健康状態の満足度」は
疲労とも密接に関係

「健康状態の満足度」について、年代別に見てみよう。今回の調査では20年6〜7月の健康状態について、満足度を0〜10点で評価してもらった。0〜6点は不満足、7〜8点はどちらとも言えない、9〜10点は満足に分類している。

 健康状態に満足している人の割合は、男女ともに20代が最も高かった。男性が10.1%、女性が9.7%だった。一方で、男女とも30代、40代は健康状態に不満足である人が多かった。男性は30代が65.1%、40代が65.2%。女性は30代が65.5%、40代が63.8%だった。

 また、20年6〜7月は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で発出されていた緊急事態宣言が解除された直後の期間だ。コロナ感染への不安が広がったことは、健康状態への満足度に影響を与えていてもおかしくない。新型コロナウイルス感染拡大前と比べて、満足度はどのように変化したのだろうか。

 2019年に行った調査に基づく健康状態の満足度(2019年2〜3月)と今回の調査の結果を比較してみると、健康状態に満足している人は1.7ポイント減少し、一方で不満足である人は2.1ポイント増加した。

健康満足度が高い人の習慣は?
食生活を意識

 最後に、健康状態の満足度が高い人が健康のために意識、行動している習慣にはどんなことがあるのか、見てみよう。

 男女ともに、「ロコモティブシンドローム改善などの姿勢や運動管理」を行っている人の割合が健康に不満足である人に比べて高かったほか、男性では「食事の栄養バランスを整える」「腸活している」など食生活を意識している人が多かった。また健康状態の満足度が高い女性は、「健康管理アプリやウェブサービスの活用」「1日8000歩(5km程度)以上歩く」など、運動や健康習慣を数値化して目標を立てたり、「自律神経を整えるセルフケア」など体のリズムを大事にしたりすることを重視している傾向がある。

(本記事は一般社団法人日本リカバリー協会からの提供データを基に制作しています)