コロナ禍2回目の夏
全国558カ所の海水浴場を独自調査

 8月も中旬、多くの地域ではお盆真っ盛りのはずだ。連日の暑さで絶好の水遊び日和……と言いたいところだが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、去年に続いて今年も多くのレジャー施設や海水浴場が入場制限を行ったり、開設中止となったりしている。

 環境庁では例年、全国の海水浴場(川、湖沼の水浴場を含む。以下、海水浴場と表記)の水質調査を行っている。しかし今年も去年に引き続き、コロナ禍で水質調査結果の取り扱いが異なることなどを理由に中止となった。

 そこでダイヤモンド編集部のデータ班では、各都道府県にヒアリングしたデータ、または各都道府県が開示したデータを基に、「水がきれいな海水浴場が多い都道府県ランキング」を独自に作成した。

 ランキングの対象となっているのは、全国で558カ所の海水浴場、35の都道府県だ。また、東京都(2021年は水質調査を実施せず)、奈良・徳島県(2021年は開設する海水浴場なし)、香川県(開設する海水浴場なし)、沖縄県(非開示)、千葉・神奈川県(7月27日までに回答がなかった)の都県については対象外としている。

 水質の判定基準は四つある。(1)水の汚れを示す化学的酸素要求量(COD、mg/リットル)、(2)糞(ふん)便性大腸菌群数、(3)透明度、(4)油膜の有無で、水がきれいな順に、適(AA、A)、可(B、C)、不適の5種類で格付けされている。

 本ランキングでは、『水がきれいな海水浴場ランキング2021【全401カ所・完全版】』で取り上げた水質格付けが最高位の「AA」の海水浴場の数を各県ごとに集計し、その数が多い順に並べている。水質AAの海水浴場数が同じ場合、水の汚れを示す化学的酸素要求量(COD)の平均値が低い都道府県を上位として扱った(この平均値は、各都道府県の「水質AAの海水浴場」のみの数値を対象に計算している)。

 なお、現在は感染力が強い「デルタ株」が猛威を振るうなど新型コロナウイルスの感染が再拡大しており、本原稿を書いている8月5日時点では緊急事態宣言の対象地域が東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、沖縄の6都府県。また、まん延防止等重点措置も北海道、石川、兵庫、京都、福岡の5道府県に適用されているほか、8日からは福島、茨城、栃木、群馬、静岡、愛知、滋賀、熊本の8県が追加されることになっている。

 さらに、8月1日には全国知事会が緊急提言をまとめ、国民向けに「都道府県境をまたぐ旅行・帰省等の原則中止・延期」を呼び掛けている。海水浴場の利用については、こうした状況を踏まえてくれぐれも慎重に判断してほしい。

 上述の通り、本ランキングでは、川や湖沼の水浴場も対象としているので、海がない県に住む人もぜひ参考にしてほしい。それでは早速、ランキングを見ていこう。

1位は静岡県、2位は新潟県

 1位は静岡県。水質AAの海水浴場を実に47カ所も擁している。「水がきれいな海水浴場ランキング」で1位を獲得した海水浴場である、御浜、大瀬、島郷、千本浜、井田、平沢(らららサンビーチ)、三津の七つはすべて静岡県沼津市にある。

 このほか、西伊豆町(浮島、深田、宇久須、黄金崎、田子瀬浜、安良里、乗浜、大田子)、下田市(白浜中央、九十浜、白浜大浜、外浦、鍋田浜)、伊豆市(土肥、小土肥)などにある海水浴場も多数、水質AAとなっている。

 2位は新潟県で、水質AAの海水浴場数は33カ所。特に佐渡市には、入崎、素浜、赤亀・風島なぎさ公園、二ツ亀、達者、城が浜、佐和田など水がきれいな海水浴場が多い。本州側にも、村上市(瀬波温泉、今川)、上越市(柿崎中央、鶴の浜、たにはま)、糸魚川市(糸魚川、親不知)、長岡市(郷本)など、水質AAの海水浴場を擁する市がたくさん並ぶ。

3位は山口県

 3位は山口県。水質AAの海水浴場数は新潟県と同じく33カ所なのだが、CODが1.3mg/リットルとわずかに新潟県の1.285mg/リットルより値が大きいため、3位となっている。

 萩市(湊)、長門市(大浜、船越、二位ノ浜、只の浜、伊上海浜公園YYビーチ350)、下関市(コバルトブルービーチ、角島大浜、ホワイトビーチ島戸、ひこっとらんどマリンビーチ、安岡、土井ヶ浜、阿川ほうせんぐり海浜公園)など、大きな街にも水がきれいな海水浴場が多い。このほか、阿武町の清ヶ浜、防府市の富海などもランキング上位に入っている。

 4位は愛媛県で21カ所、5位は長崎県で19カ所と続く。

 ランキング完全版では、6位以下、35位までのすべての結果を掲載している。ぜひチェックしてほしい。

(ダイヤモンド編集部 吉岡綾乃)