新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外出自粛が求められている機会が多かった昨今。自宅で過ごす時間が増えたという人も多いのではないだろうか。自宅での時間が増えると、当然ながら自宅のある地域で過ごすことが多くなる。

 今住んでいる地域について、どのくらいの人が満足しているのだろうか。

 一般社団法人日本リカバリー協会は、全国の男女10万人(男女各5万人)を対象に、大規模インターネット調査『ココロの体力測定2020』を実施。その中で、「居住地域の満足度」に関する詳細な調査を行っている。

※集計期間は2020年7月21〜27日。調査機関はストレスオフラボ、合同会社エンディアン。サンプル数は男女各5万人で、各都道府県500サンプル以上を確保し、その後人口比率(都道府県、年代)でウエート修正した。また今回は「現在の居住地域満足度」を0〜10点で回答してもらい、不満足(0〜6点)、どちらとも言えない(7〜8点)、満足(9〜10点)でクラスタ化。その上で、全体の「満足(9〜10点)」と答えた人の割合から「不満足(0〜6点)」と答えた人の割合を引いて、都道府県ごとにNPS(ネット・プロモーター・スコア)を算出。ランキングを作成した。

「居住地域の満足度が高い」都道府県ランキング
男女ともに1位は宮崎県

「居住地域の満足度が高い都道府県ランキング【男性版】」1位は宮崎県でNPSはマイナス34.3だった。2位には北海道、3位には沖縄県が続いた。

 また、「居住地域の満足度が高い都道府県ランキング【女性版】」の1位も男性版と同様に宮崎県。スコアはマイナス21.9だった。2位には男性3位の沖縄県、3位は大分県がランクインした。

 なお、上位県でもスコアがマイナスとなっているのは、不満足と答えた人の割合が満足と答えた人の割合を上回るためである。

東北地方の多くの県で
居住地域の満足度が上昇

「居住地域の満足度」について全体のデータを見てみよう。今回の調査では「現在の居住地域」について、満足度を0〜10点で評価してもらった。0〜6点は不満足、7〜8点はどちらとも言えない、9〜10点は満足に分類。全体における満足の割合から不満足の割合を差し引いたNPSを算出している。先述の通り、NPSがマイナスになっているのは、不満足と答えた人の割合が満足と答えた人の割合を上回っているためだ。

 詳細を見てみると、男性で居住地域について満足と答えた人の割合は12.8%、一方で不満足と答えた人は全体の58.3%に上る。よってNPSはマイナス45.5だった。女性では満足と答えた人が16.7%、不満足が53.8%でNPSはマイナス37.2だった。男女で比べると、女性のほうが居住地域への満足度が高いといえる。

 また、20年6〜7月は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で発出されていた緊急事態宣言が解除された直後の期間だ。コロナ前の19年のNPSと比較してみると、男性が1.9ポイント減少、女性が5.9ポイント減少と、コロナ禍で満足度は低下していた。

 一方で、コロナ禍で満足度が向上していた都道府県もある。19年と比較してNPSが向上した都道府県トップ10を男女別に見てみると、男性1位は青森県で13.6ポイントアップ、女性1位は岩手県で21.0ポイントアップとなっている。トップ10を俯瞰すると、青森県、岩手県のほか、秋田県、福島県など東北地方で居住地域の満足度が向上していることが分かる。

居住地域に満足している人の
過ごし方、習慣とは?

 さて、最後に居住地域に満足していると答えた人にどんな習慣があるのか、どんなリカバリー(休養)行動をしているのかを見ていこう。

 男女とも「おうちテント」が上位にランクインしたほか、男性ではベランダでグランピングを行う「べランピング」、女性では「アウトドア・キャンプ」「森林浴」など、アウトドアに関わるものが挙がった。べランピングは自宅にいながら手軽にアウトドア気分を味わえて、リフレッシュにつながる行動といえる。

 コロナ禍で、余暇を過ごすだけでなく、仕事場としての役割を果たすことも多くなった自宅。うまく気分転換のきっかけを見つけることが、生活への満足度を上げるポイントになりそうだ。

(本記事は一般社団法人日本リカバリー協会からの提供データを基に制作しています)