一日の始まりの朝。しっかりと朝食をとるタイプの人もいれば、何も食べないのが習慣化しているという人もいる。

 では、「朝食を食べない派」は実際どのくらいいるのだろうか。また、朝食を食べる習慣があるかどうかは「疲労状態」と、どうかかわってくるのだろうか。

 一般社団法人日本リカバリー協会は、全国の男女14万人(男女各7万人)を対象に、大規模インターネット調査『ココロの体力測定2019』を実施。その中で、「朝食」に関する詳細な調査を行っている。

※集計期間は2019年3月6〜18日。調査機関はストレスオフラボ。サンプル数は男女各7万人で、各都道府県1000サンプル以上を確保し、その後人口比率(都道府県、年代、有職割合)でウエート修正した。また今回は「あなたの朝食(平日または勤務日)で、最も頻度の高いもの」を回答してもらい、以下のように分類。その上で、「朝食を食べない派」の割合を都道府県ごとに集計し、ランキングを作成した。

朝食を食べない派:ほとんど食べないと回答
ごはん食派:ごはん食(ごはん+おかずの定食スタイル)、ごはん食(おかず乗せの丼スタイル)、ごはん食(おかずなし)のいずれかを回答
パン食派:パン類と回答
その他:主食抜きの食事をしている(おかずのみ)、おみそ汁、麺類、シリアル・グラノーラ類、フルーツのみ、サラダ(野菜中心)、スムージー、野菜ジュース、飲料のみ、ヨーグルト(多少のフルーツ含む)、サプリメント・栄養ドリンク・栄養補助食品、菓子類他のいずれかを回答

「朝食を食べない派」が多い都道府県ランキング
男女ともに1位は沖縄県

「朝食を食べない派」が多い都道府県ランキング【男性版】1位は沖縄県で、朝食を食べない派の割合は、27.5%だった。2位には大分県、3位には東京都が続いた。

 また、「朝食を食べない派」が多い都道府県ランキング【女性版】の1位も、男性版と同様に沖縄県。食べない派の割合は、24.5%だった。2位には北海道、3位は佐賀県がランクインした。

 それではさっそく47都道府県のランキングを見てみよう。

朝食を食べない派が少なかった地域は?
食べる人では“何派”が多かったのか

「朝食を食べない派」が少なかった都道府県は、どこなのか。男女それぞれのランキング下位を見てみると、男性は45位奈良県、46位岩手県、47位富山県という結果だった。富山県では朝食を食べない派が15.4%。1位の沖縄県と10ポイント以上の違いがある。

 女性版ランキングでは、45位が長野県、46位島根県。47位は岐阜県で、朝食を食べない派は10.4%だった。こちらも1位と10ポイント以上の差が付いている。

 ここで、全体のデータを見てみよう。「朝食を食べない派」は男性が21.9%、女性が16.1%と男性の方が食べない派が多いという結果になっている。また、「食べる」習慣がある人は、“何派”が多かったのか。

 男性で最も多かったのは「ごはん派」で39.0%。続いて「パン派」が35.9%、シリアル・グラノーラ類、スムージー、ヨーグルトなどの「その他」は26.0%だった。一方で女性は、パン派が最も多く48.9%。続いて、その他が37.8%、ごはん派が34.3%という結果だった。

 次に、年代別に朝食を食べない派の割合を見ていこう。男性では、20〜40代がいずれも25%以上と、男性全体の平均を上回る数値となっている。女性は20代で26.1%と、朝食を食べない派の割合が最も大きく、その後は年代が上がるにつれ数値は小さくなっていく。60代女性では、朝食を食べない派は6.8%だった。

 最後に、疲労状態別に比較してみよう。

 厚生労働省の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に、疲労状態を指す項目を独自集計。疲労項目に「ほとんどなかった」と回答した方を元気な人、「ほとんどいつもあった」と回答した方を疲れている人として定義し、分類した。

 これを見ると、「疲れている人」で朝食を食べない派は男性29.7%、女性24.3%で、「元気な人」の朝食を食べない派の割合を、男性が9.4ポイント、女性が11.5ポイント上回っている。

 そのほか今回の調査結果からは、朝食を食べる人では、「週1回8000歩(5km)以上歩く習慣」がある人の割合が、朝食を食べない人に比べて多いことや、朝食を食べない人では、夕食後の間食(夜食)をする人の割合が多いことなども分かった。活動量や寝る前の食事のタイミングなども、朝食の習慣に影響を与えているといえる。

(本記事は一般社団法人日本リカバリー協会からの提供データを基に制作しています)