新型コロナウイルスの影響による外出自粛で、運動不足を実感した人も多いのではないだろうか。

 体調を良好に保つためにも、適度な運動が必要不可欠だ。また、体を動かすことは、よい気分転換にもなる。外出自粛期間中に、家で筋トレをしてみたり、近所を走ってみたりして、気分が晴れやかになるのを感じた人も少なくないはずだ。

 では実際に、日ごろからスポーツをする習慣がある人はどのくらいいるのだろうか。

 一般社団法人ストレスオフ・アライアンスは、全国の男女14万人(男女各7万人、20〜69歳)を対象に、大規模インターネット調査『ココロの体力測定2019』を実施。その中で、「人々のスポーツ行動(歩く習慣を除く)」に関する詳細な調査を行っている。

 スポーツをする習慣のある人は、どの都道府県に多いのか。今回は、男性と女性のどちらも対象にした調査から明らかになった「スポーツする人が多い都道府県ランキング」を紹介していこう。

※集計期間は2019年3月6日〜18日。調査機関は株式会社メディプラス研究所。サンプル数は20〜69歳の男女各7万人で、各県1000サンプル以上を確保し、その後人口比率(都道府県、年代、有職割合)でウエイト修正した。また今回は「月1回以上スポーツをする人」の割合を都道府県ごとに集計し、ランキングを作成した。

「スポーツする人が多い都道府県」ランキング
1位は男女ともに東京都

「スポーツする人が多い都道府県ランキング【男性版】」1位は東京都で月1回以上スポーツをする人は55.4%だった。2位には福岡県、3位には京都府が続いた。

 また、「スポーツする人が多い都道府県ランキング【女性版】」の1位も男性と同じく、東京都となった。2位は神奈川県、3位は埼玉県だった。

 男女ともに共通して、神奈川県、埼玉県、愛知県、福岡県、兵庫県といった、首都圏や大きな都市を有する都道府県が上位にランクインした。これには、都市部においてスポーツ施設が充実していることや、地域にメジャーなプロスポーツクラブがあるといったことがスポーツを実施しやすい要因の一つになっていると推察される。

スポーツを月1回以上する人は半数未満
「シニア層が最も高頻度」という結果に

 では、スポーツをする頻度を男女別に見てみよう。「月1回未満」という人が男女とも半数以上、続いて、「月1回以上」が男性で48.1%、女性で42.7%となった。そのうち、「週1回以上」スポーツをする人は男性28.7%、女性26.2%だった。

 次に年代別に同様の数値を見てみよう。「月1回以上」スポーツをする人の割合は、男女とも20代が最も高い。一方で、「週1回以上」に限定すると、60代以上のシニア層が最も高くなっているのが特徴的だ。

 反対に、30代〜50代ではスポーツをする頻度が低いことがわかる。特に40代は男女ともに、「月1回以上」「週1回以上」スポーツをする割合がそれぞれ最も低い結果となっている。

スポーツをする頻度と
ストレスの関係とは?

 また、こうした「スポーツをする頻度」を「ストレスの状態」と照らし合わせるとどうなるだろうか。厚生労働省実施の「ストレスチェック制度」身体状態(B項目)を基準に、スポーツをする頻度ごとに、ストレスレベルの違いをまとめた。

 ストレスレベル77点以上の高ストレス者が占める割合は、スポーツをする頻度「月1回未満」において、男性14.7%、女性17.3%と男女ともに最も高く、スポーツをする頻度が高くなるほど、高ストレス者の割合は減少していくことがわかる。一方で、低ストレス者においては逆の傾向が見られ、特に女性では「週1回以上」の13.2%が最も高く、スポーツをする頻度が下がるにつれて、低ストレス者が占める割合も低下していく。

 こうした結果からも、スポーツはストレスを解消するうえでの有効な方法の一つといえそうだ。

 全国に発令されていた緊急事態宣言は解除されたが、3密を避けながらの生活は当面続きそうだ。思う存分スポーツを楽しめるまでにはまだ時間がかかりそうだが、できる範囲で体を動かしながら、体も心も健康な毎日を送りたい。

(本記事は一般社団法人ストレスオフ・アライアンスからの提供データを基に制作しています)