ブルックリンに出店する「グーグルストア」の外観イメージ
ブルックリンに出店する「グーグルストア」の外観イメージ

 米グーグルは6月16日、ニューヨーク市ブルックリンにリアル店舗「グーグルストア」を出店する。同社は2021年6月にニューヨーク市のチェルシー地区にグーグルストア1号店をオープンしており、ブルックリンの店舗が2号店となる。

 グーグルストアでは、スマートフォンの「Pixel」やスマートスピーカーの「Nest Audio」などグーグルの製品を試用したり、購入したりできる。MVNO(仮想移動体通信事業者)サービス「Google Fi」の料金プランやサービス内容について相談を受け付けるなど、同社のサービスについても説明を受けられる。

 店内にはヘルプデスクがあり、製品の使用方法に関する相談や修理の受け付けを行う。オンラインストアで注文した商品を店舗で受け取ることもできる。

 同社ではチェルシーの店舗を「フラッグシップストア」(旗艦店)と呼ぶのに対し、住宅街に近いブルックリンの店舗は「ネイバーフッドストア」(近隣型店舗)と位置づける。店内にはイベントやワークショップを開催できるスペースを設け、地域コミュニティに開かれた店舗とする。ブルックリンのガイド付きツアーなども開催する予定だ。

2021年にオープンしたグーグルストア1号店の店内
2021年にオープンしたグーグルストア1号店の店内

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室