「サニー福岡桧原店」の外観
九州ではエリア専任バイヤーによる近郊市場からの直送仕入れや、地域独自の総菜開発を手がける(画像はサニー福岡桧原店の外観)

 西友は6月23日、食品スーパー「サニー福岡桧原店」(福岡市)をオープンする。同社は2021年、「サニー福岡長浜店」「サニーガーデンズ千早店」の2店舗をオープンするなど、福岡市内での出店を強化している。

 西友では地域密着型の店づくりを目指しており、九州では他地域に先駆けてエリア専任バイヤーによる近郊市場からの直送仕入れや、地域独自の総菜開発を手がけている。今後は各地で地場商材の充実とエリア調達を強化していく方針だ。

 サニー福岡桧原店では、大分県佐伯市の「高橋水産」の九州産にこだわった冷凍フライ加工品、福岡市の「ジョーキュウ」など地元メーカーの調味料を使用した味付け肉を初導入の商品として展開。「阿蘇高菜巻&かしわいなり」など、九州独自の商品を強化する。

 同店は福岡市南区の中でも戸建住宅やマンションが密集したエリアに出店する。売場面積は1395㎡で、77台分の駐車場を備える。年中無休で午前9時から午後11時まで営業する。

 セミセルフレジ3台、セルフレジ6台を設置し、レジ待ち時間を短縮する。7月8日からは、「楽天西友ネットスーパー」の注文も受け付ける。

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室