新型コロナウイルス感染拡大の状況が徐々に落ち着きを見せ、人の動きも活発化してきた。しかしリモートワーク勤務体制を継続して採用する企業は多く、それによって働く人の昼食事情には変化が見られる。その実態を「ホットペッパーグルメ外食総研」の調査結果から見ていこう。

「小売・飲食店で購入」が
2年ぶりに増加

 リクルートの飲食に関する調査・研究機関である「ホットペッパーグルメ外食総研」は2022年3月、平日のランチの実態について消費者アンケートを実施した(図1)。なかでも今回は有職者の回答に絞り、内食・中食・外食にまたがって最新のランチの動向を解説する(有職者=職業が「公務員」「経営者・役員」「会社員」「自営業」「自由業」の人)

図1
図1

 まず食べ方については、回答の最多は「自炊、または家族等が作った食事」で34.9%。前年から微増して、2年連続の増加となった。次いで2位が「小売店や飲食店で購入した食事」で20.5%、3位が「自分、または家族等が作った弁当」で18.8%、4位が「社食、学食」で8.0%、5位が「外食店内での食事」で6.9%と、5位までは前年と順位は変わっていない。このうち、中食にあたる「小売店や飲食店で購入した食事」は、2年ぶりに増加した。

 性年代別では、「自分、または家族等が作った弁当」は男性よりも女性において高い。30代男性では、「小売店や飲食店で購入した食事」が高く、「自炊、または家族等が作った食事」「自炊、または家族等が作った弁当」が低い傾向だ。

20代男女で
自炊や弁当派が増加

 次に、1年前と比べて増えている、ランチの食べ方を聞いた(以下数値はすべて「増えた」と「やや増えた」の回答者の合計値)。すると、「自炊、または家族等が作った食事・弁当」が28.7%で、3年連続で最多となった。次いで、「小売店で購入したもの」が16.6%、「外食店からテイクアウトしたもの」が11.7%。全体的に外食よりも、内食(自炊)や中食のスコアが高い傾向は前年比で変わらないものの、内食(自炊)や中食のスコアは前年比では下がる傾向にあった。

 一方、外食のスコアはわずかながら回復する傾向となっている。性年代別では、20代男女で「増えたものはない」の割合が低く、とくに20代男性では内食(自炊)、中食、外食いずれも他の性年代に比べると増加させた人は多い傾向だ。また、20代男女では「自炊、または家族等が作った食事・弁当」も目立って高く、若年層ではランチの食べ方に大きな変化が生じているようだ。

「出前・デリバリー」の
予算は2年連続で増加

図2

 続いて、平日のランチの形態別の予算を聞いた(図2)。最も高かったのは「出前、デリバリーしたもの」で、平均が1274円(前年1171円)。続いて、「外食店内での食事」も平均1104円(前年1103円)と平均1000円以上で、ともに2年連続で増額した。

 他の食べ方に関しても、「小売店や飲食店で購入したもの」は平均554円(前年546円)、「持ち帰り専門店や宅配専門店からテイクアウトしたもの」は平均785円(前年741円)、最も安い「自炊、または家族等が作った食事・弁当」は平均368円(前年360円)と、すべての食べ方で予算は前年より増額している。

 これについては、食材を中心とした物価の上昇も関係しているかもしれない。性年代別では、40代女性で「出前、デリバリーしたもの」がとくに高く、平均1477円。「小売店や飲食店で購入したもの」では、20代男性の平均予算が最も高く606円であった。

時短や効率のために
ランチを短時間で済ませる

 最後に、働き方の変化に伴い、1年前と比べてランチの食べ方に変化があったかについても聞いた。すると、全体的にスコアは前年比で横ばいか減少の傾向で、コロナ禍における対応への慣れを感じる結果であった。

 それでも「テレワークの増加」により、「1人でランチを食べることが増えた」(30.6%)、「自宅でランチを食べることが増えた」(24.2%)は全選択肢中1・2位と高く、3位は「仕事の時短や効率化を求められた」ため「1人でランチを食べることが増えた」(20.4%)となっており、この上位3回答が全体の2割以上のスコアとなっている。また、「1人でランチを食べることが増えた」はどの働き方の変化においても選択の上位の回答となっており、全体的に1人でのランチが増えていると考えられそうだ。

【調査概要】
インターネット調査、調査期間:2022年3月1日(火)〜2022年3月9日(水)、有効回答数:5489
人(首都圏3244件、東海圏840件、関西圏1421件、各ウエィトバック後件数)、全国47都道府県に住む20〜69歳の男女、マクロミルモニター)

【執筆者】

稲垣昌宏(リクルート『ホットペッパーグルメ外食総研』上席研究員)

執筆者

エイビーロード編集長、AB-ROAD.net編集長、エイビーロード・リサーチ・センター・センター長などを歴任し、2013年ホットペッパーグルメリサーチセンター・センター長に就任。市場調査などをベースに消費者動向から外食市場の動向を分析・予測する一方、観光に関する調査・研究、地域振興機関である「じゃらんリサーチセンター」研究員も兼務し、「食」と「観光」をテーマに各種委員会活動や地方創生に関わる活動も行っている。肉より魚を好む、自称「魚食系男子」

著者:「ホットペッパーグルメ外食総研」上席研究員 稲垣昌宏