ロピア(神奈川県/高木勇輔代表)は4月21日、千葉県流山市に「ロピアおおたかの森コトエ店(以下、おおたかの森店)」をオープンした。首都圏では、2021年7月のオープンの「ロピア権太坂店」(神奈川県横浜市)以来、約10カ月ぶりの新店となる同店ではどのような売場づくりをしているのか。現地に足を運んだ。
調査日=4月27日、5月17日 ※本文中の価格はすべて本体価格

ロピアおおたかの森コトエ店の外観

ニュータウンの駅チカ商業施設内に出店

 ロピアが4月21日にオープンしたおおたかの森店は、首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)と東武鉄道野田線が乗り入れる「流山おおたかの森」駅から徒歩4分の場所にある。大和ハウス工業が手掛ける商業施設「COTOE流山おおたかの森」の核テナントとなる店舗で、同施設改行の1週間前に先行オープンした。同施設にはロピアのほか、「コジマ×ビッグカメラ」「マツモトキヨシ」「西松屋」などが入る。ちなみに流山市には、「ロピアアクロスプラザ流山」に続く2店舗目の出店となる。

 「流山おおたかの森」駅周辺は、05年8月につくばエクスプレスが開通し、都心まで30分というアクセスの良さから新たなベットタウンとして急速に発展している。流山市の人口現在約20万人で、人口増加ペースは全国トップレベルを誇る。

 その中でもとくに多いとされるのが30代の子育て世代で、「流山おおたかの森」駅周辺には、比較的築年数が浅い若いファミリー向けのマンションが建ち並ぶ。豊かな商圏とあって競合も多く、「流山おおたかの森」駅を中心に、「イトーヨーカドー」「ヤオコー」「カスミ」「ベルク」「ベイシア」「マルエツ」「東武ストア」など、狭い範囲に有力チェーンの店舗がひしめく、食品小売の激戦区となっている。

ロピアおおたかの森コトエ店の売場レイアウト(筆者作成)

 商業施設内1階部分に入るおおたかの森店。売場面積はロピアのほぼ標準となる約500坪(歩測)で、店舗正面から見て左サイドに生鮮、右サイドに和洋日配を配置する。「生鮮+日配」の売場スペース構成比は約61%と、ほかの店舗と比較すると高い。反面、それ以外の加工食品や菓子、冷凍食品などはやや絞っているようだ。

鮮度重視の青果売場

部門ごとに売場を見ていこう。青果売場はワンウエイ方式で、冷蔵ケースは入口付近と作業場前、そのほか平台の一部の合計22尺と少なく、ほとんどが常温での展開となる。そのためか、売場は売れ行きに合わせた補充体制であると思われ、陳列は量感というよりも鮮度を重視しているようだ。

売場はすっきりとして買いやすく、調査日は、チラシ掲載のキュウリ4本、レタス1玉を目玉商品として99円の特価で販売。ほかにも、ブロッコリーや小松菜、ほうれん草といった売れ筋野菜を99円で提供しており、売場にいると「安い」と会話するお客の声が聞こえてくる。競合店にとっては、この価格設定は間違いなく脅威であることだろう。

競合店は衝撃? 独自のスタイルの鮮魚売場

 続いて鮮魚売場。ロピア進出を待ち受けた競合店は、丸物がなく、刺身はサクの対応で、寿司は人気のパック商品が並ぶ、ロピア従来の鮮魚売場を想像したことだろう。だが、そうした予想を裏切り、おおたかの森店では大胆に鮮魚売場を変化させている。

壁面18尺のスペースでは、専任スタッフを配置し、丸物と切身を大きく展開する。調査日は、「真あじ」(1尾200円、3尾540円)や「真鯛」(1尾1200円)、「アワビ」(1個200円)などを販売していた。

対面売場で刺し身を販売する。写真はシマアジ(1パック500円)

 隣には5尺の多段冷蔵ケースを配置し、「刺身2点盛」(790円)、「本まぐろ赤身」(690円)など刺し身16品目を扱う。隣にはもう1つ、5尺の冷蔵ケースを配置し、直近の新店で導入している対面寿司コーナーを展開。購入するお客は、8〜9貫入りか6〜7貫入りのパックを選択し、「えんがわ」(1貫200円)、「本まぐろ中とろ」(同250円)、「真鯛炙り」(同300円)、「金目鯛」(同350円)、「超特大エビ」(同500円)など21品目から選んで購入する。

 また、従来は店内加工であった「いくら醤油漬け」「しらす干し」「まぐろたたき」「辛子明太子」などの商品は、草加プロセスセンターからの納品とするなど、現場の作業負担を軽減する取り組みも見られた。

 これまでにない独自のスタイルの鮮魚売場は、競合店に大きな衝撃を与えたと思われる。

“完成された”精肉売場、豚肉と鶏肉が充実!

 精肉売場は約45坪(歩測)で、正面から見て右壁面52尺が豚肉、鶏肉、ひき肉コーナー、正面壁面30尺が牛肉コーナーとなっている。平場は20尺4列で、特売商品のほか、メガ盛、馬刺し、ホルモン、冷凍肉などそれぞれテーマを持たせて商品をコーナー展開する。

 牛肉は店内加工で「黒毛和牛」「みなもと牛」「輸入牛」を「ステーキ」「焼肉」「ブロック」「切り落とし」とメニュー別に陳列。リズム感のある配置で、“買いやすさ”が意識された売場となっている。

 特徴的だったのは豚肉に力を入れている点で、「TOKYO X」をはじめブランド肉からスペイン産のイベリコ豚、国産では千葉県産の三元豚をラインナップ。冷凍では、チリ産、メキシコ産、スペイン産を揃え、メガ盛りを充実させていた。鶏肉も重点商品であるようで、オリジナルの千葉県産「みなもと鶏」を軸に、「博多地鶏」「極鮮鶏」などで銘柄肉も扱う。

 後編では、総菜、日配、加工食品などの売場を見ていこう。

(店舗概要)
開店日 2022年4月27日
所在地 千葉県流山市おおたかの森1-15-3
売場面積 約500坪(歩測)
営業時間 10:00〜20:00
駐車場 679台(SC全体)

著者:矢野清嗣