イタリアンスイーツに注目が集まっている。イタリアンスイーツといえば、皆さんは何を思い浮かべるだろうか。ティラミス、ジェラートなど耳慣れた商品も多いはずだ。

 なぜ、いまイタリアンスイーツに注目が集まっているのか。イタリアンは、スイーツに限らず、パスタやピッツァなど日本でなじみの多いメニューが多数存在する。過去には「イタ飯」という言葉が一世を風靡したほどだ。このように非常になじみの深いジャンルであるため、次々とヒット商品が生まれやすい傾向にある。

 それに加え、前回のカレーパンの記事でも記述した「0.7食」ブームの影響も否めない。これはコロナ感染拡大により人々のライフスタイルが変化し、リモートワークなどで日常の活動量が減ったことで、3食のうちの1食を「おやつ以上食事未満の“0.7”食程度」にする人が増えたというものだ。

 実はイタリアでは、「スプンティーノ」という、少ししっかりめのスイーツとお茶を楽しむ食文化があり、昨今は0.7食の影響を受けてか、そのしっかりめのスイーツを中心に、イタリアンスイーツに関心が高まっている。

 そこで今回は、注目のイタリアンスイーツで、消費者のニーズを満たすヒントとなりそうなお店や、メニューを紹介しよう。

① マリトッツォ・ブームの
立役者「イータリー」

 「イータリー銀座店」
「イータリー銀座店」

 こちらはいわずと知れた、イタリア食材を扱うグロサリーとレストランが一体となった人気店だ。

 「買って、食べて、学ぶ」をコンセプトに、イタリアの食材を様々な角度で提案し、イタリアの食の文化や歴史に触れることができる。そのラインナップはイタリア本国のトラディショナルなものから、今日本でトレンドになっているものまで幅広く、スイーツも常に最新のトレンドを抑えている。昨今のスイーツトレンドを語る上で欠かせない「マリトッツォ」も早くから商品化し、同メニューを日本でメジャーなスイーツにした“立役者”の1店といっても過言ではない。

 同店のマリトッツォは、コロンとした見た目のかわいさが特徴だが、食べごたえは十分で、1食を0.7食に置き換えるとしたら最適だ。

 マリトッツォはイチゴやピスタチオ、ティラミス味など定番のものに加え、季節のフルーツでアレンジしたり、ドラトッツォ(どら焼きでアレンジ)、ニクトッツォ(ハンバーガーのように肉を挟んで)など、さまざまな派生商品が登場したことでよりブームが加速した。今後、さらなる「〇〇トッツォ」の登場にも期待したい。

いまやイタリアンスイーツのメジャーとなった「マリトッツォ」もいち早くから商品化した
イータリーは、いまやイタリアンスイーツのメジャーとなった「マリトッツォ」もいち早くから商品化した

店舗名 : 「イータリー銀座店」
所在地 : 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
営業時間: 11:00〜23:00(カフェ・マーケットは10:30〜22:30)
定休日  :不定休

② 次なるヒット商品!?
カンノーリの人気店「リートゥス」

東京都中央区にある「Litus」
東京都中央区にある「Litus」

 イタリアで長年修行をした女性シェフが作るイタリアンスイーツがところせましと並ぶ人気店。なかでもおすすめは、“ネクスト・マリトッツォ”としても注目されている「カンノーリ」だ。

 カンノーリとはさくさくの生地に、リコッタチーズの入ったさっぱりとしたクリームをたっぷり入れたスイーツ。しっかりとしたボリュームで一見重ために見えるが低脂肪のクリームがさっぱりとして、ぺろりと食べられる逸品だ。

 このカンノーリのほかにも「ボンボローネ」などのスイーツにも注目してほしい。これらは実は日本でも昔からなじみのあるスイーツといえる。カンノーリはコルネ、ボンボローネは揚げパンの中にしっかりクリームが入ったもの。前途のとおり、イタリアンフードは日本に大変なじみの深いものなのだ。

Litusのカンノーリは、一見重ために見えるがクリームが低脂肪で、ぺろりと食べられる逸品だ  ③ 話題のスフォリアテッラの専門店
Litusのカンノーリは、一見重ために見えるがクリームが低脂肪で、ぺろりと食べられる逸品だ

店舗名 : 「Litus(リートゥス)」
所在地 : 東京都中央区新富2-9-6
営業時間: 11:00〜18:00
定休日    :火、水曜

③ 話題のスフォリアテッラの専門店
「カフェ オスピターレ」

商業施設「マイング博多」内にある「カフェ オスピターレ」
商業施設「マイング博多」内にある「カフェ オスピターレ」

 こちらは福岡に店舗を構え、今話題のイタリアンスイーツ「スフォリアテッラ」を専門に扱うお店。スフォリアテッラといえば、イタリアのなかでもナポリ地区の名物で、「ひだを何枚も重ねた」という意味を持つ。その名のとおりパイ生地を何枚も重ねているため、食感は“サクサク”というより“ザクザク”していて、中のクリームの相性がよい逸品だ。

 クリームの種類は、プレーンクリームをはじめ、ピスタチオやチョコレートなど、さまざまな定番フレーバーから旬のフルーツクリームを使用したものまでバラエティ豊かだ。本場よりも少し小ぶりなサイズのスフォリアテッラで、日本人向けにアレンジしていることも人気の秘訣であろう。

 スフォリアテッラも、次なる人気イタリアンスイーツ“ネクスト・マリトッツォ”との声もあがる注目メニューで、今後の展開に期待したい。

ナポリ地区の名物「スフォリアテッラ」。“ネクスト・マリトッツォ”とも言われる話題のイタリアンスイーツだ
ナポリ地区の名物「スフォリアテッラ」。“ネクスト・マリトッツォ”とも言われる話題のイタリアンスイーツだ

店舗名  : 「カフェ オスピターレ」
所在地  : 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 「マイング博多」内
営業時間 : 10:00〜20:00
定休日  : 不定休

ロゴ

「ホットペッパーグルメ外食総研」上席研究員
有木 真理(ありき・まり)

執筆者
執筆者

リクルートライフスタイル沖縄の代表を務めると共に、ホットペッパーグルメ外食総研の上席研究員として、食のトレンドや食文化の発信により、外食文化の醸成や更なる外食機会の創出を目指す。自身の年間外食回数300日以上。ジャンルは立ち飲み〜高級店まで多岐にわたる。趣味はトライアスロン。胃腸の強さがうりで1日5食くらいは平気で食べることができる。「ホットペッパーグルメ外 食総研」https://www.hotpepper.jp/ggs/

著者:「ホットペッパーグルメ外食総研」上席研究員 有木 真理