セブンーイレブンのロゴとANAのロゴ、セブンーイレブンが使用するドローン
今秋から福岡市で、課題検証のための実証配送を行う

 セブン-イレブン・ジャパンとANAホールディングス(HD)は7月27日、ドローンを活用した配送サービスの検討に関する覚書を結んだと発表した。2025年度にセブン-イレブンの店舗から離島へのドローン配送の実現を目指す。

 今秋から福岡市で、課題検証のための実証配送を行う予定。ANAHDはドローンの運航体制、ドローンの機体選定と仕様、通信の安定性などについて検討する。セブン-イレブンは、ネットコンビニ「7NOW(セブンナウ)」とドローン配送システムの連携、店舗敷地内でのドローン専用ポート(離着陸場所)の設置、注文可能商品などを検討する。

 セブン-イレブンとANAHDは20年度から、離島や山間部におけるドローン配送について実証実験を行ってきた。覚書の締結によって両社のパートナーシップを強化し、25年度のドローン配送サービスの実現に向けてビジネスモデルや運用体制の構築を急ぐ。

 ANAHDはこれまで、ドローンオペレーターとして福岡市や長崎県五島市で「レベル3」(無人地帯での補助者なし目視外飛行)の実証実験を行ってきた。政府は22年度中に、有人地帯で補助者なしの目視外飛行ができる「レベル4」を解禁する目標を掲げており、実現に向けた制度整備などを進めている。

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室