米アマゾンのスタッフから商品を受け取るプライム会員
アマゾンの配達員が小売業の店頭で商品を受け取り、購入者の自宅などに届ける

 米アマゾン(Amazon.com)は8月1日、有料のプライム会員を対象にアマゾンのEコマースサイトに出品する他の小売業の商品を当日配送する新サービスを一部の地域で始めると発表した。

 プライム会員が、アマゾンのEコマースサイトまたはアプリで対象商品を購入して当日配送を選択すると、アマゾンの配達員が小売業の店頭で商品を受け取り、会員の自宅などに届ける。

 新サービスは、アトランタ、シカゴ、ダラス、ラスベガス、マイアミ、フェニックス、シアトル、アリゾナ州スコッツデール、ワシントンD.C.など、10以上の都市圏の一部地域で始めた。対象地域は今後数カ月で拡大する。

 当日配送を選択できるのは、ストリートカジュアル専門店の「パックサン(PacSun)」、サプリメント専門店の「GNC」、英カジュアル衣料の「スーパードライ(SuperDry)」、イタリアのカジュアル衣料「ディーゼル(Diesel)」の4社。今後、キッチン用品の「サー・ラ・テーブル(Sur La Table)」や無添加化粧品の「100%ピュア(Pure)」なども加わる。

 対象ブランドの商品を25ドル以上注文すると、当日配送の送料は無料となる。25ドル未満の場合は、2.99ドルの送料がかかる。一部の店舗では、オンラインで購入した商品の店頭受け取りも選択できる。

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室