京王電鉄が駅に設置するECモールで購入した商品を受け取れる専用ロッカー
温度管理機能を備えた専用ロッカーで、通勤・通学や買い物帰りなど都合のいい時に商品を受け取ることができる

 京王電鉄は8月17日、LINE上に新設するEC(インターネット通販)モール「トレくる by KEIO」で購入した商品を駅の専用ロッカーで受け取ることができるサービスの実証実験を始める。

 ECモールで取り扱う京王百貨店や京王プラザホテル、料亭のうかい、製菓・製パン食材の富澤商店の商品100点以上の中から好みの商品を注文し、最短で当日中に受け取ることができる。

 専用ロッカーは、京王電鉄の新宿駅、明大前駅、桜上水駅、八幡山駅、国領駅、調布駅の6駅に設置する。午前10時までに注文すると最短で当日の午後4時頃に受け取ることができる。

 最大7日先までの予約が可能で、商品をロッカーに納品後、翌々日の正午頃まで保管する。ロッカーは温度管理機能を備える。注文を受けた商品は、鉄道を使って配送する。

 ECモールで受取駅、受取日、商品を選んでクレジットカード決済すると注文が完了する。ロッカーに商品が納品されるとLINEで通知が届き、通知内の二次元コードを使って専用ロッカーを解錠する。

 駅ロッカーで受け取るには、購入した商品代金のほか、サービス利用手数料がかかる。手数料には配送料とロッカー保管料が含まれ、料金は商品によって異なる。実証実験は2023年2月末まで続ける。今後は配送対象商品の拡大やロッカー設置駅を増やすことも視野に入れる。

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室