ヤマト運輸がサービスを開始する、新たなスマートフォン決済サービス「にゃんPay」
にゃんPayで支払うと荷物発送時の宅急便運賃が12%割引となる

 ヤマト運輸は、新たなスマートフォン決済サービス「にゃんPay(ペイ)」を開始する。現金をチャージ(入金)して利用するコード決済サービスで、にゃんPayで支払うと荷物発送時の宅急便運賃が12%割引となる。

 9月12日から「ヤマト運輸公式アプリ」の追加機能として提供する。みずほ銀行の組み込み型決済サービス「ハウスコイン」を活用しており、ハウスコインとしては初号案件となる。

 チャージは銀行口座から行う。チャージの上限額と支払い可能額はいずれも1日当たり2万円まで。みずほ銀行のほか、地方銀行や信用組合など140以上の金融機関の口座を登録できる。

 事前に「ちょうどチャージ」機能を設定しておくと、残高が不足した時に登録済みの銀行口座から不足金額のみが自動チャージされる。

 セキュリティ対策として、口座の登録時には各金融機関のウェブサイトでの認証手続きに加え、にゃんPay独自の多要素認証によって、不正なアカウント開設や口座の登録を防止する。

 ヤマトでは2007年から直営の営業所やセールスドライバーによる集荷時の決済手段として電子マネーに対応、21年4月からは6種類のバーコード決済にも対応している。

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室