東急百貨店が渋谷の3店舗に設置する無人店舗のイメージ
渋谷の3店舗に設置する無人店舗のイメージ

 東急百貨店は日立製作所と共同で、小型無人店舗の実証実験を行う。無人店舗の運営を通じて、店舗間の送客・誘導につなげる。

 日立の小型無人店舗サービス「CO-URIBA(コウリバ)」を活用する。無人店舗は、「東急百貨店本店」「渋谷ヒカリエ ShinQs」「+Q(プラスク)ビューティー」(渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン6階)の3店舗に設置する。

 実証実験は、9月15日〜21日、10月27日〜11月9日の2回にわたって実施する。各店舗の化粧品販売フロアに無人店舗を設置、商品棚と天井に設置したセンサーで利用者の行動履歴などのデータを収集・分析する。分析結果をもとに、LINEによる販促やデジタルサイネージ(電子看板)広告などを展開、店舗間の送客につながるかを検証する。

 各店舗に設置した無人店舗には、他店で取り扱う化粧品のサンプルやサービスチケットなどを置き、4000円(税込)以上の化粧品を購入した客、またはリラクゼーション店舗で同額以上の施術を受けた客に好きなものを2〜3点、選んでもらう。

 事前に東急百貨店の公式LINEアカウントで友だち登録し、アカウントに表示されたQRコードをかざすことで無人店舗に入店できる。その際に、東急百貨店が保有する利用者の属性情報とひも付ける。

 利用者がサンプルに手を伸ばしたり、手に取ったりするといった行動や入店時に回答するアンケート結果に応じて、おすすめ商品や関連情報などをデジタルサイネージに表示する。

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室