北海道石狩市でヤマト運輸と京セラが協力し、実証実験を始めた無人自動配送ロボット
ヤマト運輸のスタッフが積み込んだ宅配便の荷物を、指定の受け渡し場所まで運ぶ

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS、京都市)とヤマト運輸は11月8日、北海道石狩市と協力し、同市内で無人自動配送ロボットを活用した個人向け配送サービスの実証実験を始めた。

 自動配送ロボは、石狩市緑苑台東地区の公道(車道)を走行し、「セイコーマート緑苑台店」やサービス付き高齢者住宅、緑苑台グリーン会館など8カ所の受け渡し場所まで荷物を運ぶ。

 ヤマト運輸は、自動配送ロボに宅配便荷物を積み込む役割を担う。荷物の配達はLINEで受取人に通知し、受取人は事前に指定した受け渡し場所で荷物を受け取る。実証実験は平日の午前9時から午後4時半に行い、11月下旬まで続ける予定。

 走行中の配送ロボは遠隔監視し、状況に応じて監視者が遠隔操縦する。走行ルートの総延長は約5km。

 この実証実験は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募し、KCCSが採択された「革新的ロボット研究開発基盤構築事業」の一環として行われる。

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室