イオンタウン松阪船江の外観イメージ
食品スーパーや生活雑貨店、アパレル専門店のほか、公民館や温浴施設なども入居する予定

 イオンタウンは、三重県松阪市にショッピングセンター(SC)「イオンタウン松阪船江」を2025年春に開業することを明らかにした。22年1月末に閉店した「イオン松阪店」が入居していた「松阪ショッピングセンターマーム」を新しいSCに再生する。

 計画地は松阪市北部に位置し、近鉄・松ヶ崎駅から徒歩15分、国道166号線に面している。周辺にはホームセンターなどの物販店や飲食店が集積している。

 同SCの敷地面積は7万7100㎡、総賃貸面積は約1万9000㎡で、食品スーパーや生活雑貨店、サービス店舗など約40のテナントが入居する予定。松阪ショッピングセンターマームに入居する松阪公民館が新SCに移転し、23年秋に先行オープンする。その後、25年春の全面開業を目指す。大型温浴施設やアパレル専門店なども出店する予定だ。

 イオンタウン松阪船江は鉄骨造り2階建てで、約1200台の駐車場を設ける。

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室