食品の相次ぐ値上げにより、節約意識が高まる一方で、価格に見合った品質を求める層も一定数存在する。健康ニーズに対応した商品や付加価値の高い商品など、卸各社ではこだわりのオリジナル商品を展開し、この秋も新商品を続々投入している。

忙しい生活環境により、時短調理ニーズが拡大

 コロナ禍による健康意識の高まりや自宅療養者のニーズに対応した品揃えにより、三菱食品の「食べるをかえる からだシフト」シリーズは前年を上回り、同社のオリジナル商品全体を押し上げた。同シリーズは糖質を1食20〜40g、1日合計70〜130g以内に設定した「糖質コントロール」シリーズや、ライフスタイルにあわせてプロテインを手軽にプラスできる「PROTEINPLUS」、さらに食物繊維と「はぴねす乳酸菌®」を加えた「Happiness腸活」を展開している。とくにプロテイン粉末や、スープやレンジ調理総菜など加工食品10SKUを展開している「PROTEIN PLUS」シリーズが好調だ。そのほか、ロングセラーブランドの「かむかむ」シリーズやハードグミの「ハリボー」が好調に推移し、ポケット菓子市場全体の好調に寄与した。

プロテインのイメージ
ライフスタイルにあわせて手軽にプラスできるプロテイン粉末、スープやレンジ調理総菜などの加工食品が好調(i-stock/MartinPrescott)

 単身・共働き世帯の増加により、個食ニーズが拡大していることから、日本アクセスでは冷凍ミールキット「ストックキッチン」シリーズを展開。2019年の発売から累計販売数300万パックを突破した。この秋は、より使いやすく、手に取りやすい商品に全面リニューアルを行った。より求めやすい価格に変更し、パッケージはフル印刷包材にすることで、食材が取り出しやすくなり、記載できる情報量が格段にアップした。

 一方、忙しい生活環境により時短調理品のニーズが高まるなか、三井食品では素材の下処理が省けるうえ常温で日持ちもする乾燥野菜「にっぽん元気マーケット国産野菜ぎゅぎゅっとミックス(乾燥野菜)」シリーズを新発売。子供から大人まで人気の「ミートソース」「ハンバーグ」「グラタン」の3つのメニューの具になる国産の乾燥野菜で、手間を抜きつつ、たくさんの野菜が食べられるメニュー提案型の商品となっている。三井食品のオリジナル商品の売上高は対前年比8.9%増(23年3月)と好調に推移しており、新商品の投入でさらに拡大を図っていく。

卸オリジナル商品一覧

健康志向対応のこんにゃく麺や、冷凍フルーツに注目

 グロサリーや日配、冷凍食品、酒類などを展開する国分グループ本社のオリジナル商品は、厳しい市場環境のなか22年度は前年並みの着地となった。この秋は、トレンドの韓国グルメを取り入れ、機能性表示を取得した「韓にゃくめん」シリーズを新発売。低糖質・低カロリーのこんにゃく麺は近年伸び悩み傾向で、カテゴリー内での差別化を図った商品を展開する。機能性関与成分であるセラミド含有のこんにゃく麺と、モランボンと共同開発した韓国冷麺たれを合わせた商品だ。

 一方、伊藤忠食品では、山形県の特産フルーツを凍眠凍結した商品を発売。ぶどうの女王とも呼ばれるシャインマスカットと、西洋梨のなかで最も人気のある品種のラ・フランス、一粒の大きさが7g前後で、甘みと酸味のバランスのよい佐藤錦のさくらんぼの3種類を展開する。凍ったまま食べればカリッと、半解凍でシャリッとした食感が楽しめる。価値のある商品の投入で売場を盛り上げていく。

著者:ライター:山田陽美