2022年6月に続き、2年連続で価格改定を行った即席麺だが、おいしさと簡便性に加え、主食としてのコストパフォーマンスの高さから大きな影響は受けていない。今年も需要期に向けて各社では、主力商品のプロモーションの強化や新商品の投入などで需要拡大を図っていく。

数量PIは微減、金額PIは前年プラスで推移

 KSP-POSデータのインスタント袋麺の期間通算(2022年9月〜23年8月)の金額PIは、7390円で対前年同期比5.4%増、数量PIは31.14で同1.9%減。22年6月の価格改定により、金額PIでは前年を上回ったが、数量PIでは微減となった。月別金額PIも2月以外はすべての月でプラスとなっている。6月の金額PIが同12.8%増と大きく伸長したのは、前年の価格改定の反動といえる。今年も同様に6月に価格改定を行っているが、影響は小さかったようだ。食品全般が価格改定を行うなか、袋麺は1食当たりのコストパフォーマンスが高いことから、ほかのカテゴリーに比べて価格改定の影響は少ないといえそうだ。

 また、6〜8月は記録的な暑さが続いたが、7〜8月の数量PIは微減にとどまっている。

即席めんのイメージ
袋麺は1食当たりのコストパフォーマンスが高いことから、ほかのカテゴリーに比べて価格改定の影響は少ないといえそうだ(i-stock/Olga_25)

 袋麺のトップブランドの日清食品「チキンラーメン」が今年で発売65周年を迎えた。バースデー月間である8月にテレビCMを放映したほか、店頭での試食販売を強化し、需要喚起につなげた。

 明星食品では、袋麺の「明星 麺神」シリーズをリニューアル。同社独自技術「新・生めん風3層極太製法」で麺はもっちり食感で、お店で食べるような品質を実現した。スープも麺に負けないよう、コクと風味が強化された濃厚スープに仕上げた。

 ここ数年、急成長を遂げているのが韓国の即席麺。農心ジャパンの「辛ラーメン(袋麺)」は、対前年同期比11%増と韓国即席麺を代表する商品だが、それに次ぐ商品として同社の「ノグリラーメン」も好調だ。ブランド全体で対前年同期比27%増と好調に推移(KSP-POS2022年7月〜23年6月販売金額対前年比)。ピリ辛の〈HOT〉は同18%増、辛いのが苦手な人向けの〈マイルド〉は同381%増と伸長している。同品は、海鮮だしに、もちもちとした食感のうどんのような太麺が特長。同社では若年層に向けたプロモーション強化で、認知とファン拡大を図っている。

インスタント袋麺とカップ麺の金額PIおよび金額PI対前年推移

秋冬に需要が高まる和風カップ麺に期待

 KSP-POSデータのカップ麺の期間通算の金額PIは1万8240円で対前年同期比3.7%増、数量PIは141.48で同4.1%減。袋麺同様にカップ麺も価格改定の影響で数量PIでは前年割れ、金額PIでは前年を上回った。ロングセラーブランドを筆頭に定番商品が根強い人気のカップ麺。トップブランドの「カップヌードル」は、8月に中華料理メニューで人気の「担担麺」をアレンジした「カップヌードル 担担」を発売。さらに9月には52回目のバースデーを記念して、ワンランク上のスープと具材が味わえる「特上 カップヌードル」を期間限定で発売した。10月末にも特定の具材が大量に入った商品を発売し、カップ麺売場を盛り上げている。

 サンヨー食品では、「カップスター和風シリーズ」をさらに上質感のある味わいへ進化させた。ヤマダイでは、「ニュータッチ凄麺」の逸品シリーズからうどんを新発売した。秋冬に需要が高まる和風麺の需要拡大に期待が寄せられている。

著者:ライター:山田陽美