イトーヨーカドー久野店の初日イベントの様子

 イトーヨーカ堂(東京都)は11月4日、大阪府堺市の「イトーヨーカドー久野店」において、関西地域で初となる、専用リターナブルボトル(回収容器)を使用した食用油の回収を開始した。

 従来の家庭系廃食用油の回収は、主に使用済みのペットボトルを使用して行われていたが、専用リターナブルボトルの採用により、洗浄および繰り返し使用することで、ゴミの発生を削減することが可能となる。

久野店では、専用リターナブルボトルを店舗で無料提供しており、持ち込まれた食用油はサービスカウンターまたは専用回収器で回収する。

 家庭系廃食用油は日本全体で年間約10万トン発生し、そのほとんどが再利用されず可燃ごみとして廃棄されている一方で、廃食用油はバイオ燃料やインク溶剤の原料として再活用できる。

 このため、同社は植田油脂(大阪府)、ENEOS(東京都)と連携し、回収された家庭系廃食用油を石鹸・インク溶剤等の製造に活用し再利用していく。また、「大阪・関西万博」の会場に関して建設機器やディーゼル車両の軽油代替としての活用も検討しているという。

 なお、回収された廃食用油の一部は、将来的には持続可能な航空燃料将来(SAF)の原料として活用することを目指しており、同社は今後も、回収店舗を増やし、リサイクルの仕組みを構築し、CO2排出量の削減と資源循環型社会の実現に向けた取り組みを続けていくとしている。

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室