ローソンの外観

 ローソン(東京都)は、11月13日から順次、淹れてコーヒー「MACHI Café(マチカフェ)」のアイスドリンク(S)、および(M)のプラスチック製上蓋について、プラスチック使用量を約0.4g削減した新しい上蓋に変更する。

 実施店舗は、東北・北関東・中地区及び沖縄県の「MACHI café」導入店舗(約3,600店舗:2023年9月末時点)で、2024年3月までに導入エリアを全国に順次拡大させる。なお、全国に導入した場合、年間で約48トンのプラスチック削減になる。

 新しい上蓋は、飲み口に上唇を押し当てると、飲み口と香り窓が自動開口するよう設計されており、香り窓からコーヒーの香りをより感じられるという。

 同社はこれまでも、「MACHI café」のアイスメニューにおいて、2019年から順次、紙製カップに変更し、さらにストローを使用しないでも飲める蓋に変更することで、累計で約3,220‬トンのプラスチックを削減している。また、2023年6月からは、グリーンローソンにおいて、「MACHI café」のホットコーヒー(S)で使用しているプラスチック製の上蓋を紙製に変更する実証実験を実施するなど、今後も環境課題に対応した取り組みを進めていくとしている。

ローソン「マチカフェ」アイスコーヒーの変更された上蓋
(ローソンWEBサイトより)

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室