前回の「検証! 大阪・西成の安宿はビジネスの出張に使えるのか?」では、現地に宿泊、問題なく仕事ができることを証明した。今回はその続編で、宿を飛び出して“一杯やる”という企画だ。仕事のみならず、お酒も驚くほど捗る街、西成──。さあ、まずは周辺エリアを歩くところからスタートしよう。

ホルモン店はじめ、西成エリアには魅力的な飲食店が多い

外国人観光客も多い新世界

 格安ホテルが多い西成の「あいりん地区」からほど近い人気の観光地といえば「新世界」(大阪市浪速区)だ。大阪メトロの動物園前駅、JR、および南海電鉄の「新今宮」駅から北へすぐの場所にある。

 串カツや立ち飲み屋など、ビジュアル満点の「ジャンジャン横丁」を抜けると、そこはもう「ザ・大阪」。派手な看板、建物が立ち並び、期待通りの景色が広がる。平日でも多くの人で賑わい、とくに外国人観光客の姿が目立つ。アジア系だけでなく、欧米系の人も珍しくなく、海外からの注目度の高さをうかがい知れる。

「新世界」には派手な看板、建物が立ち並び、「ザ・大阪」とも言える景色が広がる
新世界のランドマーク「通天閣」

 新世界のランドマークは、言うまでもなく「通天閣」。テレビでもお馴染みで、思わずスマホのカメラを向けてしまう。周囲を見ると、皆、笑顔である。この場には、人々を楽しい気持ちにさせるパワーが満ちている。

 西へ進んで堺筋を南下、JR新今宮駅の北側にあるのは、星野リゾートが運営する「OMO7」(大阪市浪速区)だ。労働者の街、「あいりん地区」の至近にある高級ホテルで、2022年4月の開業時、大きな話題となったのはまだ記憶に新しい。

星野リゾートが運営する高級ホテル「OMO7」。労働者の街、「あいりん地区」の至近にある

 新今宮駅前から東に向くと、11月24日の「麻布台ヒルズ」(東京都)の開業によって“日本で2番目に高いビル”となった「あべのハルカス」が見えてくる。ふと横を見ると、ドンキの看板が目に入るが、ここ大阪ではなぜか地味に感じる。

 次に、宿泊したホテルがある「あいりん地区」を散策した。ホルモン焼き、うどん店、お好み焼き店などが点在しており、有名店を探しながら歩くのも楽しみ方のひとつだ。

「新今宮駅」前から東に向くと、現在、日本で2番目の高さを誇るビルとして知られる「あべのハルカス」。ドンキの看板が地味に見える

 紀州街道をしばらく南下すると右手に出てくるのは西成警察署。かつて西成で暴動が起こった際、ここに多くの労働者が集まっていたニュース映像を見たのを思い出す。高い柵に囲まれた異様な姿に圧倒される。

高い柵に囲まれた西成警察署

 近くには、YouTuberも時々、訪れている通称「三角公園」(萩之茶屋南公園)。炊き出しが定期的に行われるほか、さまざまなイベントも開かれている。あちこちに目に付くのは労働者風の男性で、明るい時間から飲酒している人も多い。

 人気の観光地、高級ホテル、労働者の街。ひとつの価値観だけではうまく説明できないのが西成エリアの特徴であり、魅力なのかも知れない。

濃厚な味わいのホルモンで一杯

 さて夕方になったので一杯やるか。今回、行こうと計画していたのは、西成の有名ホルモン店「やまき」。だが、あいにくの休みだったため、並びで営業していた「ホルモン 航」へ。何人かの先客が飲んでいる姿が楽しそうで、ふらっと入る。

有名ホルモン店「やまき」が休みだったため、並びで営業していた「ホルモン 航」へ

 最初、要領がわからず、ビールケースを利用した簡易の立ち飲みテーブルの前に立っていた。すると横にいたお客が店の主人に「こちら、お客さん」と合図してくれ、店の奥へと移動する。

 壁に貼ってあるメニューに一通り目を通した後、「ミックスホルモン」(400円)と「白ネギ焼き」(200円)、そして「チューハイレモン」(300円)を注文。「ホルモンは、にんにく入れますか」と聞かれ、「お願いします」と答える。

 待つこと数分、運ばれてきたのがこれである。完璧なルックスではないか。割り箸でホルモンをつまんで口へ。タレがにんにくと混じり合い、何とも言えない濃厚な旨味が広がる。レモン酎ハイを多めに含み、そのままゴクリと喉へと流し込んだ。

完璧なルックスの「ミックスホルモン」(400円)
タレがにんにくと混じり合い、何とも言えない濃厚な味わい

 1杯目があっという間に空になったので、今度は「チューハイライム」(300円)を頼む。そしてミックスホルモンで飲酒を再開した。

 「あぁ、これは無限に飲んでしまうわ」──。危険を察知した私は、会計を済ませて通りへ飛び出した。

2杯目の「チューハイライム」(300円)

 続いて2店目へ。選んだのは、商店街「動物園前一番街」の一角にある居酒屋「能登屋」である。コロナ禍を通じ、周辺の店は多くが入れ替わっているそうだが、この店は50数年も同じ場所で営業しているという。

 ビール、そしておでんを数種注文した。店を切り盛りしている年配の女性、またカウンターで座っている数人と男性客と話をしながらしばらく過ごした後、ホテルへ戻る。部屋では、急ぎの原稿を執筆したが、意外に捗ったのは前回の記事で書いた通りだ。

創業50年超の居酒屋「能登屋」
ビール、そしておでんを数種注文

 今回、「大阪西成の安宿は出張に使えるのか?」を検証した。安く、狭い部屋ではあるが仕事もできる。さらに楽しい店が多いという環境もあって、好みが分かれるだろうが、なかなか面白いと感じた。

 翌朝、ホテルをチェックアウトした私は、地元の京都へ戻る前、周辺を少し散歩した。朝から営業している飲食店も多く、「朝食」を出すところもある。某店の前に立っていた手書きのスタンド看板では、メニューのひとつに「西成モーニング」を紹介していた。

 興味を持ち、近寄ると「生ビール or 酎ハイ or 酎ハイ or ハイボール ゆで玉子・1品」とある。このメニューで、元気よく1日のスタートを切る人もいるのだろうか。

手書きのスタンド看板にあった「西成モーニング」

 刺激的な街だった。あれこれ感慨深い思いを胸に、私は帰りの電車に乗った。

著者:森本 守人