ローソンの「資源循環ボックス」のイメージと「バーコード読み取り」イメージ
資源循環ボックスイメージとバーコード読み取りイメージ(ローソン ニュースリリースより)

 ローソン(東京都)は11月30日から、使用済み紙パックの店頭回収に協力したお客に対し、割引クーポンを提供する実証実験を、東京都内の3店舗で開始した。

 この実証実験は、日本のリサイクル市場において回収率が低い牛乳パックなどの使用済み紙パックの回収促進を目指すもので、電通(東京都)と電通プロモーションプラス(東京都)が企画・開発した循環プラットフォーム「で、おわらせないPLATFORM」を活用し、ローソンのほか、明治(東京都)、ナカダイホールディングス(群馬県)の合計5社協働で実施する。実験では、利用者の行動変容や回収量、販促効果などを検証するという。

■実験概要
1.実験店舗:東京都内3店舗
・ローソン北大塚一丁目店(グリーンローソン):東京都豊島区北大塚1-13-4
・ローソンゲートシティ大崎アトリウム店:東京都品川区大崎1-11-1
・ローソン四谷左門町店:東京都新宿区左門町6-8
2.紙パックの回収期間:11月30日(木)〜1月30日(火)
3.クーポン引換え期間:12月1日(金)〜1月31日(水)
4.回収する紙パックと発行するクーポン

ローソンの回収する紙パックと発行するクーポン
5.回収からクーポン配信までの流れ
専用サイト:https://lsp-campaign.com/de-owarasenai/lp.go  (113013時公開)
①上記の専用サイトにスマートフォンでアクセスし、対象の紙パックのバーコード(JANコード)を読み取り、資源循環ボックに投函する商品を登録
②実験店舗に設置された資源循環ボックスに、洗って乾かした状態の紙パックを開いて投函
③紙パック投函後、アプリの「投函完了」ボタンを押すとクーポン獲得ページに移動し、全国のローソンで使用できる割引クーポンを取得
④取得した割引クーポンをレジで提示してローソン買物

ローソンの紙パック回収とクーポン発行の流れ
流れのイメージ(ローソン ニュースリリースより)

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室