「エブリデイ・ロープライス」をコンセプトに、他社にはないさまざまなオリジナル商品を販売している業務スーパー。今回は、業務スーパーの商品のなかから、日頃から節約に関心の高い現役主婦の筆者が、毎日の食卓に助かる“冷凍食品”を解説します。

ボリューム満点「ひとくちいかフライ」

 イカの切り身にパン粉をつけた、ひと口サイズの「ひとくちいかフライ」。内容量は500gもありずっしりした重さで、「378円(税抜)」という価格も毎日の食卓に大変ありがたいです。

「ひとくちいかフライ」(378円)

 筆者のように自炊を基本としている家庭では、「手間のかからないおかず」を探していることが多いのではないでしょうか。とくに最近は、共働き世帯も増えていますので、日々の調理に時間をかけられないという人も多いでしょう。

 そのような家庭にとって、“揚げるだけ”でボリュームのあるおかずができる「ひとくちいかフライ」は、メインとしてだけではなく、サブおかずやお弁当のおかずとしてもとても便利な商品です。実際に食べてみると、弾力がありながらもふわっとして柔らかく、大人から子どもまで食べやすい点も魅力の1つでしょう。

あと一品欲しい時に助かる「うずら卵串フライ」

 次に取り上げたいのが、サクサクとした衣にうずらの卵が入った「うずら卵串フライ」です。価格は7串315gで「348円(税抜)」で、1串当たりの価格は約50円とこちらも非常に手軽な商品といえます。

 もし、自分でうずらの卵の串フライを作ると考えると、うずらの卵をゆで、皮をむき、串に刺して、衣をつけて……とパッと思いつくだけでもたくさんの工程があります。おまけに、筆者のように不器用だと、卵を串に刺す際に、卵が崩れてしまったり、衣が上手くつかなかったりと、上手につくるのも一苦労であることが容易に想像できます。

「うずら卵串フライ」(348円)

 この「うずら卵串フライ」が冷凍庫に一つあれば、こちらも“揚げるだけ”で立派な「うずら卵串フライ」が完成します。時々、うずらの卵の串フライの総菜を見かけることがありますが、やはり“揚げたて”をいただくと、総菜よりもおいしく感じました。

 今回訪問した店舗では見つけられなかったのですが、同様の商品として「コロコロうずら卵フライ」もあります。串揚げなどにこだわらないシーンでは、今後は「コロコロうずら卵フライ」も購入したいと考えています。

お肉にこだわった「あっさりから揚げ」

 鶏の胸肉にしっかりと下味をつけ、ふっくらジューシーな唐揚げに仕上げた「あっさりから揚げ」は、1㎏698円(税抜)も注目商品の1つです。

 冷凍のから揚げは世の中にたくさんありますが、その中で業務スーパーのから揚げを購入したポイントは「あっさり」というキャッチコピーに魅力を感じたからです。

「あっさりから揚げ」(税抜698円)

 実際に試してみたところ、胸肉とは思えないほどふっくらと柔らかく、「あっさり」とはいえ、しっかりと下味がついているため、味が薄いという印象はありません。メインの料理がほかにある場合に、メイン料理に箸を伸ばしつつ、から揚げをいくつか軽くつまむといった食べ方にぴったり合いそうです。

 こってりしすぎていないため、お弁当にも丁度よく、主張が強すぎないため、少量使いでサブおかずとしても使いやすい点がありがたく感じます。

彩りも欲しい時に便利な「かぼちゃコロッケ」

 かぼちゃのやさしい甘さとジャガイモのほくほく感が感じられる「かぼちゃコロッケ」です。価格は10個入り600gで、248円(税抜)。1個約25円と考えると、食品スーパーの総菜売場でよく売られているコロッケと比べてかなり安く、非常に値頃のある商品と言えます。

 ほかの食品スーパーでも冷凍コロッケはよく見かけますが、「かぼちゃ」を使ったコロッケは珍しく、つい手が伸びてしまいました。

「かぼちゃコロッケ」(248円)

 実際に食べてみると、かぼちゃのえぐみが抑えられており、子どもでも食べやすい印象です。適度なやさしい甘みがあるため、ソースなどをかけずに、そのままでも充分おいしくいただけます。

 わが家では、小さな子どもには、食べやすいよう半分に切って食卓にだしましたが、普通のコロッケとちがい、色味がはっきりしていますので、見た目にも鮮やかでした。いつものコロッケもよいですが、たまには違った味のコロッケが食べたいという時には、またリピートしたいと思います。

あと一品が見つかる業務スーパーの冷凍食品

 業務スーパーの冷凍食品は、メイン料理がボリューム不足気味で「あともう一品欲しい」と言う時に、さっと冷凍庫から取り出して調理しやすい食材が揃っています。

 ほかの食品スーパーでは見ない商品も多く、日持ちする冷凍食品だから手に取りやすいというところも魅力と言えます。また、本来なら手間のかかるメニューでも、「揚げるだけ」「温めるだけ」という手軽さで、もう一品を用意できる点もありがたく感じます。

 個人的には、メイン料理に使いたい冷凍食品より、サブ料理に使いたい冷凍食品が充実している方が、さまざまな献立に“使いまわし”がしやすいと感じます。そういう意味で、業務スーパーでは、いつでも困ったときに使える“使いまわし”がしやすい食材を今後もリピートしたいと思います。

著者:平塚 千晶