明治は、紙パックなどの「回収・リサイクル」にクーポン・ポイントなどの「販促」を組み合わせた循環プラットフォーム「で、おわらせないPLATFORM」の実証実験に参画。実施期間は2023年11月30日〜 24年1月30日の2カ月間。同実証実験は電通と電通プロモーションプラスが企画・開発したもので、紙パックの回収・リサイクルにおける生活者の意識・行動変容および、回収量や販促効果などを検証する。

「で、おわらせないPLATFORM」
循環プラットフォーム「で、おわらせないPLATFORM」の実証実験

 近年、さまざまな素材のリサイクルに関する意識が高まる一方で、紙パックの回収率はここ10年ほど改善されておらず、とくに使用済み紙パックの回収率は約30%にとどまっている。同実証実験では、生活者に紙パック製品を洗って開き乾かしたものをローソンの対象店舗に設置された資源循環ボックスに投入してもらう。その際、スマートフォンで商品のJANコードを読み取ることで、回収物に対応するクーポンを生活者に発行する仕組みだ。同社では今後も社会課題の解決に貢献する考えだ。

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局