協定締結式の様子と庄内店
(左)協定締結式、(右)庄内店(ライフコーポレーション ニュースリリースより)

 ライフコーポレーション(大阪府)は、1月17日より豊中市社会福祉協議会を通じ、大阪府豊中市内の子ども食堂への商品寄付を開始した。

 豊中市内の5店舗(豊中店、岡町店、服部店、庄内店、三国橋店)から発生した、パッケージ破損等で販売できなくなったが、まだ食べられる食品を月1回、子ども食堂等に寄付し、子どもを持つ家庭を支援するとともに、食品ロス削減と資源の有効活用に取り組む。

 同社では、地域の子ども食堂等への商品寄付に関して、対象となる商品の基準や運用オペレーション、寄付した商品の取り扱いや責任等を規定した契約書など、活動を行うための仕組みを整備しており、今回の豊中市での取り組みもその一環となる。

【取り組み概要】
実施店舗:豊中店、岡町店、服部店、庄内店、三国橋店
提供商品:社内ルールとして設定している販売期限をむかえたがまだ食べられる食品およびパッケージの汚損・破損により販売不可となった食品
開始日:2024年1月17日 ※毎月1回実施
提供先:豊中市内の子ども食堂等

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室