ラルズ東光生鮮流通センターに導入した太陽光発電設備
(画像)ラルズニュースリリースより

 アークスグループのラルズ(北海道)は、ラルズ東光生鮮流通センター(石狩市)に太陽光発電設備を導入し、併せて経済産業省による「令和5年度:再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」に参画することを1月31日に発表した。

 同センターの屋上には、H.E.エナジー(北海道)が設計・施工する太陽光発電設備が導入され、施設内で消費される電力の一部を賄う。再生可能エネルギー由来の環境に優しい電力を利用することで、CO₂排出量及びエネルギーコストを低減する。

 また、同社は太陽光発電の設置と併せて経済産業省による「令和5年度:再生可能エネギーアグリゲーション実証事業」に発電事業者として参画する。アグリゲーターである東芝エネルギーシステムズ(神奈川県)が発電量予測に必要とするデータを提供し、積雪の多い北海道における発電量の予測精度の向上に寄与するという。

●設備概要
施設名:ラルズ東光生鮮流通センター
所在地:北海道石狩市新港西2丁目705-6
太陽光パネル合計出力:244.16kW
年間自家消費量見込み:224.143kWh/年
CO₂削減量見込み:176 t/年
竣工年月:2023年12月

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室