マックスバリュ東海の「愛知県ありがとう」キャンペーン
(画像)マックスバリュ東海ニュースリリースより

 マックスバリュ東海(静岡県)は「愛知県ありがとう」キャンペーンによる売上の一部を愛知県へ寄贈する。2月6日にマックスバリュグランド千種若宮大通店(愛知県)にて贈呈式を開催する。

 同社は、2011年から地域密着経営推進の一環として、静岡県及び山梨県にゆかりのある商品の売上の一部を各県へ寄贈しており、2020年9月からは愛知県と三重県でも、各県にゆかりのある商品の販売を通じた地域活性化の取組みを実施している。

 今回の「愛知県ありがとう」キャンペーンは、地産地消の推進や愛知県にゆかりのある商品の販売を通じて地域の活性化を促進し、同県における環境保全活動を支援する取り組みだ。

 2022年3月1日〜2023年2月28日の期間に店舗で販売した「愛知県ありがとう」キャンペーン対象商品の売上の一部の1,812,187円を愛知県「環境保全基金」に寄贈し、愛知県の環境保全活動に活用されるという。

■「愛知県ありがとう」キャンペーン概要
内 容:愛知県にゆかりのある商品の拡販等を通じて、同キャンペーン売上の一部
   を愛知県へ贈呈し、同県における環境保全事業の推進および持続可能社会
   の構築に役立てもらう取組み。
贈 呈 先:愛知県環境保全基金
実施店舗数:55店舗(愛知県下全店舗)
参加企業数:134社
対象アイテム数:437品目以上

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室