セブン&アイ・ホールディングス(左)とイトーヨーカドーの看板
〔写真説明〕セブン&アイ・ホールディングス(左)とイトーヨーカドーの看板(時事通信社)

 イトーヨーカ堂(東京都)は2月9日、北海道・東北・信越エリアの一部店舗について、ヨークベニマル(福島県)、ダイイチ(北海道)及び食品スーパーロピアを運営するOICグループ(神奈川県)と事業承継等に関する契約を締結したと発表した。

 親会社であるセブン&アイ・ホールディングス(東京)は、同社の事業構造に関する抜本的変革の一環として、同社の店舗網における「首都圏へのフォーカス加速」を掲げてきた。

 この過程で、北海道・東北・信越エリアにおける地域経済への影響を考慮し、地域ユーザーの継続的な買い物場所の確保や雇用の維持を目的として、事業の後継先についてグループ内外と協議を進めていた。

 その結果として、以下の通り、継承の概要を公開した。

【概要】 (日付は引き渡し予定日)

① OIC グループへの事業承継等に関する対象店舗
(北海道)
 ⚫ イトーヨーカドー 屯田店 2024 年 08 月頃
 ⚫ イトーヨーカドー 琴似店 2025 年 01 月頃
(青森県)
 ⚫ イトーヨーカドー 青森店 2024 年 08 月頃
 ⚫ イトーヨーカドー 弘前店 2024 年 10 月頃
(岩手県)
 ⚫ イトーヨーカドー 花巻店 2025 年 02 月頃
(新潟県)
 ⚫ イトーヨーカドー 丸大新潟店 2025 年 03 月頃(※1)
(長野県)
 ⚫ イトーヨーカドー アリオ上田店 2025 年 02 月頃(※2)
(※1)株式会社丸大の株式譲渡
(※2)同社が運営する食品売場への出店(アリオショッピングセンターは営業を継続)

② ヨークベニマルへの事業承継等に関する対象店舗
(宮城県)
 ⚫ イトーヨーカドー 石巻あけぼの店 2025 年 03 月頃(※3)
(※3)株式会社サンエーの株式譲渡

③ ダイイチへの事業承継等に関する対象店舗
(北海道)
 ⚫ イトーヨーカドー アリオ札幌店 2025 年 03 月頃(※4)
(※4)同社が運営する食品売場への出店(アリオショッピングセンターは営業を継続)

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室