平和堂ロゴ
平和堂ロゴ

  平和堂(滋賀県)は3月21日、「SM 物流研究会」への参加を発表した。

 SM 物流研究会は、2023年3月にサミット、マルエツ、ヤオコー、ライフコーポレーションの4社が「持続可能な食品物流構築に向けた取り組み」を宣言して立ち上げた。

 研究会では、物流分野を「競争領域」ではなく「協力領域」と考え、各社が連携して物流効率化策やサプライチェーン全体の効率化に取り組んでいる。

 平和堂は研究会に参加する各社とともに、サプライチェーン全体の物流効率化に向けた研究に取り組み、将来に向けた持続可能な物流構築に貢献していくとしている。

■平和堂の取り組み
(1)これまでの取り組み
・加工食品定番商品の発注時間見直し
・特売品・新商品の発注・納品リードタイム確保
・納品期限の緩和(1/2 ルールの採用)
・流通 BMS による業務効率化
・荷待ち・荷役作業等時間の計測
・バース予約システムの導入及び荷待ち・荷役作業時間短縮
・予約システム稼働率向上、パレット納品の要請
・共同輸送

(2)今後の活動
・物流センターのトラック荷待ち時間を 2024 年 3 月末までに1時間以内へ
(2024 年 2 月時点 6%)
・共同配送の研究と拡大
・生鮮物流、バラ積み納品削減、チルド加工食品物流についての研究・改善

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室