セブンイレブンに設置されたペットボトル回収機
セブンイレブンに設置されたペットボトル回収機

 セブン-イレブン・ジャパン(東京都)は4月9日、ペットボトル回収機の総設置台数が3,673台に達したことを発表した。

 同社は、ペットボトルの循環型リサイクル「ボトルtoボトル」を推進しており、2017年12月以降、全国の店舗でペットボトル回収機の設置と活用を進めている。

 2023年度では新たに9県と、すでに設置している都府県内でも追加設置を行い、総設置台数が昨年より1,013台増の3,673台(2024年2月末現在、34都府県)となった。また、年間の総利用回数は 1,500 万回を超えた。

 同社は2024年度においても、レジ袋の「本部収益相当額」を活用し、さらに1,000台の追加設置を目指す。

セブン&アイのペットボトル回収機設置エリア
(セブン‐イレブン・ジャパン ニュースリリースより)

 

著者:ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室