猿田彦珈琲の巨大焙煎施設は、客席からガラス越しに焙煎する様を眺めることができる「調布焙煎ホール」。広々した快適空間。たった一杯のコーヒーで幸せになれる場所。調布の地元住民から愛されるのは、居心地の良さだけではなく様々な理由があった。

余韻の消し方の美学。地元に愛されるために。

ゆったりとくつろげるフロア。この店舗のテーマのひとつが王道。床に絨毯を敷くなどして昔ながらの喫茶店の王道を取り入れた。手前のテーブルは焙煎機を運搬する際のコンテナを再利用したもの

元々は、ただ純粋にコーヒーが好きで始めた僅か数坪の恵比寿のコーヒーショップ。当初は自家焙煎ではなく卸売りの豆を使用していた。やがてシェアロースターを経て仙川に焙煎所を構え、さらに調布に約150坪の敷地面積を誇る「調布焙煎ホール」を立ち上げたのが6年前。

ロースタリードリームとも言うべき成長を果たした猿田彦珈琲だが、代表の大塚氏と共に創業メンバーである都築尚徳さんは、現在技術部門全てのリーダーであり、焙煎、カッピングなど猿田彦珈琲のスペシャルティコーヒーを品質向上に日々努める。

店舗に併設された巨大な焙煎施設は、ガラス張りで客席から丸見えの状態。4台の焙煎機は、70kg釜、36kg釜、10kg釜、2.5kg釜。さらにテストサンプル用に小さな釜も加わる。とくに70kgの熱風式焙煎機は日本全国でもこの規模はめったにお目にかかれない。都築さんはいう。

「猿田彦珈琲の生豆はここですべて焙煎され、海外も含めて各店舗に配送されます。ガラス張りにしたのも生体展示のようなもの。動物園のように僕らの動きが外から眺められたら、お客さんも楽しいでしょ?」

そんなユニークな形態は、ここ焙煎ホール のコンセプトプランナーであるブックディレクター・幅允孝氏によるアイデア。また、落ち着いてコーヒーが飲める空間設計は、サポーズデザインオフィスの谷尻氏の手によるものだ。

ブックディレクター・幅さんが厳選した書籍類も見所。奥のガラス張りの向こうが焙煎施設だ

猿田彦珈琲は、世界13カ国の農園や農協から最良の豆だけを仕入れ焙煎する。その焙煎方法、焙煎機の選び方にもこだわりがある。

「旧来は、コーヒーの余韻を残すかが大事とされてきました。濃厚なチョコレートのように口の中でずっと残ってくれるような。でも、一方で日本料理はほどよくその余韻が消えてくれるものが多い。僕らのコーヒーも消し方の美学があります。余韻を引かせすぎないように心がけています」

そのために、熱風式のローリングの焙煎機が活躍する。「このタイミングで消えてほしいという匙加減をコントロールしやすいんですよ」

余韻を引きずり過ぎずすっきりと飲みやすいコーヒー。東京にたくさんカフェが乱立するなか、いかに自分たちが選ばれるかを考えた結果。地元住民たちの「ホーム」になる必要があるという結論にたどり着いた。

「同時に地元の方にも馴染みやすく、美味しいコーヒーを飲んでほしい。だから、うちはホームメイドであることを大切にします。シロップひとつとっても自家製。焙煎だけでなく些細な積み重ねが、このカフェに来てくれる理由に繋がっているんです」

店舗は調布駅からほど近いトリエ京王調布C館の1階

「猿田彦珈琲 調布焙煎ホール」の内部を公開!

猿田彦珈琲の初号機であるローリング35kg釜。ブレンド豆を焼くときに活躍することが多い。透明感のある豆に仕上がる。

2.5kg釜の2号機。大和鉄工所は、元々水門を作っていたメーカーで金属加工に優れている。品評会やサンプル豆用。

最大規模のローリングの70kg釜。一度にたくさんの豆が焼ける。

カッピングで風味を何度も確認。カッピングスプーンでコーヒーをすくいテイスティング。美味しいコーヒーを届けるための大事な工程だ。

人気のコーヒー豆を紹介!

焙煎師・都築尚徳さん

[豆の種類]
シングルオリジン 6種類(季節により変更)
ブレンド 6〜7種類
シングルは時期で種類が変わる。 ブレンドは店舗で異なる

[抽出方法]
ペーパー/エスプレッソ

[焙煎機]
ローリングS70/熱風式/70kg釜
ローリングS35/熱風式/35kg釜
大和鉄工所 Meidter-10/熱風式/10kg釜
大和鉄工所/半熱風式/2.5kg釜
フジローヤルCoffee Discovery/200g釜

【ブレンド】猿田彦フレンチ

深煎りで香ばしいが、スモーキーまではいかない飲みやすさを意識したブレンド。隠し味程度にフルーティな印象を。余韻がきれいに消えるように、すっきりとした後味が特徴的。

値段:100g/936円+税
産地:コスタリカ、グアテマラ、インドネシア、他
焙煎:深煎り
焙煎方法:ミックス
香り:香ばしい
酸味:ほとんどなし
コク:強め
後味:消え方がきれい

【DATA】
猿田彦珈琲 調布焙煎ホール(サルタヒココーヒー チョウフバイセンホール)
住所:東京都調布市小島町2丁目61-1 トリエ京王調布C館1階
連絡先:TEL042-444-2632
営業時間:10:00〜21:00
定休日:施設休館日に準ずる
駐車場:あり(施設)
公式ウェブサイト:https://sarutahiko.jp/
SNS:Instagram@sarutahikocoffee、X@sarutahikocoffee、FB@sarutahiko
席数:約100席
ホールセール:あり
豆販売:あり
豆通販:あり
テイクアウト:あり
デカフェ:あり
ドリップバッグ:あり
セミナー:店舗ではなし
器具販売:充実。オリジナルドリッパーも

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/別冊Lightning Vol.215「東京コーヒーロースターズ」)

著者:Lightning 編集部