お金持ちは、日常の何気ない行動に気を配って生活しており、特に”言葉”には気をつけている。「でも」「だって」など、普段よく聞くような言葉を、お金持ちたちはしない。どのような言葉を口にしないのだろうか。もしも、そうした言葉が口グセになっているのなら、今日から意識して使わないようにしたい。

■お金が貯まらない人の口グセ

「言葉はその人の考え方や行動と結びついている」と言われるように、お金が貯まらない人の口グセ(くちぐせ)には、お金が貯まらない行動や思考をしていることを示唆している。気づかぬうちに言っていたら直したい、口グセを見てみよう。

●「面倒くさい」

「面倒くさい」が口グセの人が、お金が貯まりにくいのは、節約や管理、投資や運用は面倒くさいものだからだ。

たとえば、お金を貯めるにはまず節約が必要だが、通信費や保険料、各種サブスクリプションサービスなどの固定費の見直しは、たしかに面倒くさい。

投資や運用も同じで、積立投資で自動化すれば楽だが、最初の申し込みや設定は面倒だし、定期的な見直しも楽じゃない。

しかしこれらを「面倒くさい」が口グセになっていると、お金なんて貯めらないし、増えるはずもない。

●「せっかくだから……」

買い物や契約時に、「せっかくだから」という言葉をよく口にする人も要注意だ。

「せっかく安いから」「せっかくポイントがつくから」「お店の人がせっかく勧めてくれたから」など、周りの状況に流されて買い物をすることが多いと、お金は貯まりにくい。

お金を貯められる人は、「その商品を今すぐ使うか」「予算内に収まっているか」といった自分軸をもとに買い物をする。

■お金持ちが嫌う口グセ

世の中の多くの成功者やお金持ちが、耳にすることを嫌う言葉がある。「でも」や「ずるい」など、その多くは2文字か3文字の短い単語だ。お金持ちに好かれるためではなく、「なぜお金持ちがそういう言葉を嫌うのか」を考えることで、学べることはあるだろう。

●「でも」

言い訳をするとき、人は「でも」を使いがちだ。「でも仕方がない」といった具合だ。お金持ちや成功者は言い訳を嫌がる。言い訳する時間があるなら自分の行いを反省し、行動を改善した方が将来のためになると考えるからだ。

●「だって」

「でも」と同じように言い訳でよく使われる単語が「だって」だ。「だって忙しくて抜け出す暇がなくて」「だってお金がないのだから」と言われても、それは他人にとってどうでもいい話だ。あなたが「だって」を連呼する人物なら、成功者にうんざりされるかも。

●「明日やる」

物事を後回しにし続けていたら、成功は掴めない。多くの人がしていないことにスピード感をもって取り組めることは、成功者の重要な素質だ。だから「明日やる」という言葉をお金持ちは嫌う。もちろん、睡眠不足で健康を害しそうなときはその限りではないが…。

文/編集・dメニューマネー編集部