8月21日に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」の特別ドラマ企画で、「ぼくらの勇気 未満都市2017」が放送されます。1997年の連続ドラマ放送後、今まで再放送すらできなかった“いわくつき”の作品として有名だった今作。最終回でヤマトとタケルが語った、「20年後、またこの場所で会おう」という約束が果たされることになりました。

そしてもう一つ、ドラマのファンを狂喜させたのが、元ジャニーズJr.小原裕貴の出演です。2000年に学業へ専念するために芸能界を引退していた彼が、一夜限り芸能界に復帰することになりました! そんな小原裕貴の魅力を今、改めて語ってみたいと思います。

ジャニーズJr.の人気ナンバーワン!

アイドル雑誌『Myojo』では、1995年から現在に至るまで、毎年1回ジャニーズJr.のファン投票企画を行っています。小原裕貴はこの企画で、事実上ナンバーワンの人気の証明と言われている「恋人にしたいJr.」部門にて、1996年と1997年に2年連続で第1位に輝きました! ちなみに、以降の連続受賞者として名を連ねているのは山下智久や赤西仁、中島健人など現在活躍中のアイドルばかり。小原裕貴もそこに肩を並べていたわけですから、スゴイことですよね。

なお、「一番美形なJr.」部門では1995年から引退する2000年まで、連続で1位に選ばれています。

人気少女マンガのキャラのモデルだった!?

堀北真希や前田敦子による実写化ドラマが話題にもなった、人気少女マンガ『花ざかりの君たちへ』。主人公・芦屋瑞稀が男装をして男子校に入学をするというストーリーでしたが、この主人公のモデルとなったのが、実は小原裕貴だったとか! 作者がマンガの構想中に見た「Myojo」のグラビアで女装した小原裕貴が、主人公のイメージに反映されているかもしれないと語っているのです。

このグラビアで女装した小原裕貴と共にサルの着ぐるみを着て写っていたのは、現在は俳優として活動している元ジャニーズJr.の佐野瑞樹。彼は同マンガのヒーロー役である佐野泉のモデルだとも言われています。

俳優・中尾明慶との意外な接点

1998年から1999年まで放送されていた人気バラエティ番組「8時だJ」には、ジャニーズJr.がコーチとして素人視聴者を指導する、「星のコーチ様」というコーナーがありました。小原裕貴がコーチ役を務めた回には「好きな女の子に告白するために、高跳びができるようになりたい」という少年が登場しています。

実は、この少年は現在俳優として活躍している中尾明慶の、当時11歳というデビュー前の姿。その後、中尾明慶は2000年に子役デビューを果たしているので、小原裕貴とはちょうど入れ違いで芸能界入りしたことになりますね。

東京ドームで異例の卒業セレモニー!

まだまだ人気絶頂だった2000年9月。小原裕貴はジャニーズJr.三大ドームツアー初日となる大阪ドームにて、突然に芸能界引退を発表しています。学業に専念するためとのことでしたが、これにはいずれCDデビューして国民的アイドルへ……というステップを期待していたファンも驚愕しました。そして2000年10月、ツアー最終日の東京ドーム公演をもって、小原裕貴はジャニーズJr.を卒業したのです。

実はジャニーズJr.が事務所の退所を公式に発表し、卒業セレモニーまで行うのは極めて異例のこと。後にも先にも、この様な扱いを受けたジャニーズJr.は、小原裕貴以外にはいないようです。引退の翌年、小原裕貴は無事に大学に合格。卒業後は、大手広告代理店に就職しました。

小原裕貴は今や国民的アイドルとなった嵐、タッキー&翼などのそうそうたる顔ぶれと共に、“ジュニア黄金期”を担った人気メンバーでした。CDデビューもしていないジャニーズJr.としては珍しく、さまざまなドラマや映画に出演しており、未だ語り継がれるほどに凄まじい人気を誇った伝説のジャニーズJr.なのです。

今回の特別ドラマ放送に伴い、「ぼくらの勇気 未満都市」もついにBlu-ray&DVD化が決定。さまざまな理由から難しいと言われてきた高画質メディア化が、ここに来て実現するとは、小原裕貴ファンにとっても嬉しい限りですね。今後も一社会人として、ますますの活躍をお祈りしております!

(文/もちづき千代子@H14)