MONDO GROSSOの新曲「ラビリンス」のMVで、浮遊感溢れる歌声としなやかなダンスを披露して話題沸騰中の満島ひかり。映画や舞台のみならず、ドラマやCM、音楽シーンで活躍し、まさに絶好調といえる活動の裏には、全身全霊で挑んだ奄美の島での「運命の恋」があるんです。

歌手としても話題を集める中、主演映画の注目作が公開

沖縄アクターズスクール出身のアイドルグループ「Folder」のHIKARIとしてデビューし、活動休止後は女優業に転向した満島ひかり。園子温監督の映画『愛のむきだし』で脚光を浴び、幅広いジャンルで唯一無二の個性を発揮。そして、再び音楽シーンをも賑わせるなど、その多才ぶりが絶賛されています。

一方、プライベートでも永山絢斗との熱愛が報じられましたが、二人の交際のきっかけと言われているのが、7月29日(土)より公開される映画『海辺の生と死』なんです。

「神の島」と呼ばれる奄美の島を舞台に生まれた、旧知の相手との「運命の恋」

作家・島尾敏雄と、その妻で奄美出身の作家・島尾ミホの若き日をモデルにした『海辺の生と死』。第2次世界大戦末期の奄美群島のカゲロウ島(加計呂麻島)で、満島演じる国民学校の教師トエと、永山演じる海軍特攻艇の隊長・朔中尉が出会い、惹かれ合う物語です。死と隣り合わせの過酷な状況の中、胸の内に湧き上がる激しい思いにかき立てられ、人目を忍んで逢瀬を重ねるようになる二人。

朔が出撃する日、喪服を身にまとい、短刀を抱えて無我夢中で駆け出すトエの眼差しからは、役柄を越え、全身全霊で臨んだ満島の並々ならぬ気迫が感じられます。まさに「運命の恋」に身を焦がす、一人の女の覚悟が映し出されているかのようです。

本作の撮影が行われたのは、2015年秋のこと。満島と永山は以前にも映画やドラマで共演した経験があり、旧知の仲ではありました。ですが、「神の島」とも呼ばれる神秘的な奄美の地で、トエと朔として過ごした日々が、二人にとっていかに特別なものであったかは、本作を目にすれば明らか。この『海辺の生と死』の撮影を通じ、二人の距離が一気に近づいたであろうことは、疑う余地がありません。

フィクションの世界ににじみ出る、肉体が放つリアルな感情

これまでも、映画やドラマの共演をきっかけに結ばれたカップルは数知れず。ラブシーンを演じる相手とは、撮影中は本気で恋に落ち、クランクアップと同時に魔法が解けるにようにあっさりお別れ、という話もよく耳にします。ただ、いわゆる通常の職場結婚と異なるのは、互いに惹かれ合い、愛を育んでいく過程がカメラで記録され、多くの観客に見届けられてしまうということ。どこまでが役で、どこからが素なのか、そんなことを想像しながら映画を観るのは無粋というものですが、フィクションの世界ににじみ出る、肉体が放つリアルな感情こそが、作品に血を通わせるという考えも一理あります。

奄美大島に自らのルーツを持つ満島ひかりが歌う伸びやかな島唄の調べにのせて、儚くも鮮烈な恋のきらめきが刻み込まれた映画『海辺の生と死』。「運命の恋」が「確かな愛」へと変わる瞬間を、ぜひスクリーンで目撃してください。

(文/渡部喜巴@アドバンスワークス)