2018年4月スタートの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)で、小心者のちょっと頼りない詐欺師・ボクチャンを演じている東出昌大。詐欺師ながらお人好しで騙されやすく、長澤まさみ演じる仲間のダー子にもからかわれっぱなしのキャラクターが、「いい子」「かわいい」とSNSなどを中心に話題となっている。実は、東出本人もボクチャンに負けず劣らずの「リアルにいい人」なエピソードを持っている。今回は東出の“いい人”エピソードを紹介しよう。

ベロンベロンに酔っぱらった南キャン・山里と連絡先を交換し自宅にまで招待!

東出の交友関係の中には、意外な人物として南海キャンディーズの山里亮太の名前がある。2017年8月20日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)で、山里がその出会いについて語っている。

バカリズムやYOUとの飲み会の席で知り合ったという二人は、酒の勢いで連絡先を交換。飲み会では山里が東出に「エンターテインメント業界のトップを、役者だと思ってんだろ!」と、めんどくさい絡みをしてしまったのだが、それにもかかわらず、翌日東出からは、「(昨日)楽しかったです」という丁寧なお礼とともに、「山里さんのスケジュールが合う日があったら、その日に一緒に飲みましょう」と、東出自身のスケジュールがすべて書かれたメールが届いたという。

2015年4月21日放送のTBSラジオ「たまむすび」では、山里がその後、東出と実際に飲みに行った話を披露。東出は事前に山里の好きな食べ物を聞いて、お互いの家の中間にある店を予約してくれたとのこと。さらに、待ち合わせ時間に仕事で遅れた山里を店の外でわざわざ立って待っていてくれたり、ヘパリーゼを準備してくれていたりと、まさに至れり尽くせりだったそうだ。

それだけではなく、その店での食事が終わると、東出は「次、(僕の)家でもいいですか?」と山里を家に招待して、妻で女優の杏が手作り料理をふるまってくれたそう。また夫妻は、誕生日が近かった山里へ、山里が最近ハマっていると番組で話していたお酒と司馬遼太郎の本をサプライズでプレゼント。夫婦そろっての最高のもてなしに、山里は「養子に入りたい」とまで思ったと語っている。

爆笑問題やおぎやはぎはコンビで絶賛

2015年10月6日のTBSラジオ「JUNK 爆笑問題カーボーイ」では、爆笑問題・太田光が東出のことを「1回お会いしたことあるけど、すっごい良い子だった」と絶賛した。まだ杏との交際が噂レベルだった際、前室で会った東出に「お前、杏とヤったのか?」と聞くと、東出は「はい!」と正直に答えたのだという。太田は、「そんなに正直な男がいるのか」と思ったそうで、シャレの通じるいいヤツだとコンビで感心したという。

また、2015年1月1日放送のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」では、東出と杏の結婚についておぎやはぎの矢作兼が「俺の中では三浦友和・山口百恵くらいすごく好感度の高いクリーンな二人」「離婚、30年しないに賭けていいよ!」と絶賛。相方の小木博明も「たしかに、東出さんはそうだもんね」と同意した。

いい人な印象が強い一方、2017年11月15日放送「PON!」(日本テレビ系)で「テレビで笑っている9割はつくり笑い」と発言したり、ドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS系)の怪演が話題になるなど、さまざまな面を持つ俳優・東出昌大。彼だからこそ、“コンフィデンスマン(信用詐欺師)”役にぴったりなのかも!?

(文/河村綾香)